太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

サブカル-映画

遂に実現した『貞子vs伽椰子』vs『コワすぎ!』の生放送が楽しみ

生でコワすぎ!「貞子vs伽椰子」公開記念SP 恐怖の現場へ生潜入! このブログでも取り上げている『貞子vs伽椰子』と『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』のコラボ放送がニコニコ生放送で配信される。どちらも白石晃士監督作品だから、なんらかの形でやってくれるん…

『貞子vs伽椰子』総選恐まちなか投票で今会いにいける貞子とツーショット

渋谷MODIで『貞子vs伽椰子』総選恐まちなか投票 本日開催♪【渋谷MODIで私とパシャリ☆】…「貞子vs伽椰子」あなたはどっち!? 最恐総選恐 in SHIBUYA開催します!本日13~17時渋谷MODI(旧マルイ)店頭プラザで投票イベントやっちゃいます☆私と伽椰子姉さんと…

映画『闇金ウシジマくん』感想〜原作継ぎ接ぎシチュエーションを踊らされる人物の代替可能性と現実侵食

ドラマの流れを組む映画版 漫画版の『闇金ウシジマくん』が好きで、ときどき読み返している。ドラマ版についてもリアルタイムで観ていたのだけど、出来としては微妙であったので映画版は未見であった。『山田孝之主演「闇金ウシジマくん」がドラマ&映画で再…

『貞子vs伽椰子』のメイキング特報で明らかになる貞子役の爽やかな素顔

Amazonプライムでメイキング映像が公開 エイプリルフール企画から始まった白石晃士監督の『貞子vs伽椰子』 さやかや総戦恐の政見放送などの企画が展開されているのだけど、最近になってメイキング映像が、Amazonプライムビデオで公開された。 映画「貞子vs伽…

『黒い家』感想〜サイコパスにとっての保険金殺人の位置付けとは?

黒い家に住まう奇妙な家族の物語 ここのところでAmazonプライムで90年台後半〜ゼロ年代に流行ったジャパニーズホラーを観ることが多い。レンタルビデオ屋で取り寄せ対象になっている作品も無料で観られるのがありがたい。 「この人間には心がない」 現代人の…

貞子Twitter vs 伽椰子Instagramにあげられていくキラキラツイート

#さだかや前哨戦 「貞子vs伽椰子」特報 まさかの白石監督で実現した「貞子vs伽椰子」なのだけど、貞子がTwitter公式広報アカウント、伽椰子がInstagram公式広報アカウントを担当中。 伽椰子と俊雄のほのぼの親子日記 6月18日に貞子との世紀の最恐対決を控え…

『ボクソール★ライドショー』感想〜日本初の4DX専用POVでカメラに憑依

日本初の4DX専用ムービー ちょっと前になるのだけど、日本初(おそらく世界初)の4DX専用ムービーである『ボクソールライドショー』の初日舞台挨拶を観てきた。4DXフル活用、白石晃士監督、『コワすぎ!』のコンビが出演とオレ得要素が詰まっている。 4DX映…

『インターステラー』感想〜愛は正直度90%の約束を遡って本物にする引力

名画座でインターステラ―を観た 『インターステラ―』を名画座で改めて観る機会があった。DVDでは鑑賞済みであり、僕の書く文章に「宇宙」「五次元」「引力」といった単語が出てくるのも、この映画の影響が大きかった。 「恋に落ちる」と表現するように恋愛感…

『オカルト』再見〜江野しぐさに殺されがちなオカルト要素全部のせに注目

何度目かの『オカルト』再視聴 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』でニコ生を中心に一世を風靡している白石監督だけど、僕自身が一番好きな作品は『オカルト』である。既になんどもなんども観ているし、新文芸坐でのオールナイト『白石監督ユニバース』の目玉…

1300円で名作映画2本立てが大スクリーン観られる名画座に連れていこう

photo by Randy Le'Moine Photography いま名画座がアツい 最近になって、名画座通いが趣味のひとつになってきている。名画座と言えば「昭和!」っていう雰囲気もあるのだけど、探せば結構残っているし、上映する映画やサービスも現代化している。 新文芸坐 …

『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!最終章』感想〜運命に叛逆するために確固たる意志で「間違って崖から落ちる」物語

戦慄怪奇ファイルコワすぎ!最終章 『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!最終章』について、発売記念イベントの話を書いたのだけど、内容については書いていなかった。劇場で観てからDVDでも見なおしたり、白石監督本人による「パンフレット同人誌」である非公式報…

『ゴーン・ガール』感想〜完璧なエイミーのために塗り替える記録と現実

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」 GWは実家に戻ってきていて暇なので映画を何本も観ている。ボンクラ映画が多いのだけど一本ぐらいはまともなのを観ようと『ゴーン・ガール』を借りてきた。『ミステリー好きで『ゴーンガール』を見てない人類なんて… | …

コワすぎ!最終章DVD発売イベントで呪力注入をしてもらった

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』に蝕まれていく 『ノロイ』『カルト』などの白石晃士監督のZ級モキュメンタリーが『ニコニコホラー大百物語』で無料生放送中 - 太陽がまぶしかったから ニコニコ生放送の怪奇ドラマ特集で気になり、『オカルト』で完全にハマ…

「渋谷駅前交差点自爆テロ事件」の深層を淡々と抉りだすモキュメンタリー~白石晃士『オカルト』

渋谷駅前交差点爆弾テロ事件のモキュメンタリー 本作は派遣社員による渋谷駅前交差点爆弾テロ事件に至る経緯を描いたモキュメンタリーである。「モキュメンタリー」とはドキュメンタリー風の映像で虚構を描いていく手法で『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』…

『ノロイ』『カルト』などの白石晃士監督のZ級モキュメンタリーが『ニコニコホラー大百物語』で無料生放送中

Z級モキュメンタリーがニコニコ動画で生放送 「モキュメンタリー」とはドキュメンタリー風の映像で虚構を描いていく手法で『ブレア・ウィッチ・プロジェクト Blu-ray』などが有名です。 モキュメンタリー(英: Mockumentary)は、映画やテレビ番組のジャンル…

パラレルワールド化する森山未來とゾンビ映画 としての『苦役列車』

苦役列車 映画は森山未來演じる貫多が風俗から出てくるところから始まる。主人公は19歳で舞台は昭和のバブル前。父親の性犯罪による家庭崩壊を経て中卒の日雇労働者となっている。いかにも薄汚くて、なけなしの金を酒と女につぎ込んで無一文になってしまう典…

坂口恭平『MY HOUSE』『モバイルハウスのつくりかた』〜所有の揺らぎの中を生きる

坂口恭平が気になる 坂口恭平がわたし、気になります! 佐々木俊尚が「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」をキュレーションしていたことから気になりはじめて「段ボールハウスで見る夢―新宿ホームレス物語」をはじめとして貧困問題や車中泊、ノマドなどを下…

1作品520円でヨーロッパ各国の映画とトークショーが楽しめる『EUフィルムデーズ2014』でお洒落映画を観てきた

EUフィルムデーズ2014 昨日は東京国立近代美術館フィルムセンターで開催している『ホーム - EU Film Days 2015』に友人と行ってきた。最近観ているのがアニメ映画や邦画ばかりになってきていて、ヨーロッパの映画について開拓するのもよいと思ったのだ。『ホ…

「効率的な娯楽」としての歴史や宗教

引き続き残るのは信仰、希望、愛、この三つ TSUTAYAで200円で借りてきた『愛のむきだし [DVD]』において満島ひかり演じるヨウコが海辺で叫んだ『コリント信徒への手紙』第13章について頭の中で回っています。まったく残念な事に、自分にとっては本物の説法よ…