読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Kindle Paperwhiteマンガモデルはパラパラ読みができてよい感じだけど

今年、買ってよかった物 毎年恒例の「今年、買ってよかった物」を考えたのだけど、今年はあまり大きな買い物をしていないことに気がついた。未だに3年前のMacbook Airを使っているし、iPadもiPhoneも買い替えまえでには時間がある。家電類もあまりないし、大…

Kindleオーナーライブラリーで高価な情報商材を無料でネタバレさせる

情報商材のKDP出版進出 KDP出版が増えるのにつれて、いわゆる情報商材も同じ枠組みで流通するようになった。情報商材とはその名の通り、情報そのものを商材にしたものであり、不労所得やモテる方法等の「裏ワザ」が記された比較的短い資料が高価にやりとりさ…

江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」や「人間椅子」などがKindleで無料公開中

江戸川乱歩の小説が青空文庫入り 江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、男性、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。また、戦後は推理小説…

3300冊以上積まれたKindle本をタイトルあいうえお順で消化していく

Kindle本を買いすぎてる 2016年度の目標のひとつに「死蔵在庫を減らしていく」がある。 自分のなかではっきりとしたのはコンテンツの「所有」に拘るのはやめようということだ。既に読み切れない本や見きれないDVDがあるのに、どんどん電子書籍を買っていたし…

Kindle Paperwhiteの「シリーズの次巻を開く」で漫画一気読みが捗る

「次の巻を開く」が便利 Kindle Paperwhiteで長期連載漫画を読んでいると1巻を読み終わった時に次の巻を検索するのが、ちょっと面倒だったのだけど、いつのまにか「シリーズの次巻を開く」という機能がついて便利になった。 最後のページで、メニューを開く…

村上春樹の著書までKindle化されてますます縮小される本棚

村上春樹の著書が順次電子書籍化 ずっとKindle化されていなかった村上春樹の著書が随時Kindleで出版されていくことになった。まずは『走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)』が発売開始されたので早速購入した。ポイント50%還元。 今のところ…

「Amazonで買ったDVDは空箱だけ配送してくれれば良いんだよね」

photo by Zero2Cool_DE Amazonで買ったDVDは空箱だけ配送してくれれば良いんだよね このブログでもKindleセール情報を煽ってきたし、僕自身も大量に買ってきた。お買い得本をチェックするのには宝探しのような楽しさがあるし、「物理的な物を増やさない」と…

Facebookページで『村上さんのところ』シーズン2が限定公開中

『村上さんのところ』シーズン2が開始 はてなブログのエンジンを利用していることでも話題になった村上春樹と読者との交流サイト『村上さんのところ』が書籍版の発売に併せて限定復活するという連絡がきた。こんどはFacebookページ。 「村上さんのところ」公…

Kindleストアが意図せず無料配信していた漫画をダウンロードしていると製品版の商品番号に差し替えられる

photo by oskay Kindle Storeでは意図しない無料配信が時々おこっていた 『Kindle本-コミックのベストセラー』を見ていると、「最初の3巻までお試し」といった状況とは異なる製品版が無料配信されている事が稀にあった。 それで調べてみたところ『暗殺教室 6…

ウェブプランナー・マーケターとして購入した推薦図書まとめ

photo by jurvetson ゼロ・トゥ・ワン 空飛ぶ車が欲しかったのに、手にしたのは140 文字だ 「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければならない。ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、…

漫画喫茶化する楽天カフェで漫画喫茶もカラオケBOX化していくと思った話

渋谷で休憩と言えば楽天カフェ 渋谷でLOFTや無印やデパートの家具売り場を見たりしていたのだけど、成果なし。ちょっと良いなと思っても無茶苦茶高いし、この時期だと3週間後の配送になったりするそう。家具専業じゃない店だとそんなものか。そもそも誰が買…

レールの外にフラフラっと誘われた新社会人にこそ100円セール中の『レールの外ってこんな景色』を読んでほしい

レールの外に行きたくなったら この春から新社会人となって「失敗した。辞めたい」という人も、「この会社に尽くすんだ」という人もいるのだとは思うのですが、レールの外にフラフラっと誘われた新社会人にこそ100円セール中の『レールの外ってこんな景色: …

実のところ「まんがで読破」でシッタカしてた名著も多い

photo by kevin dooley 「まんがで読破」のお世話になっています あまり言うと恥ずかしいのだけど、実のところ『まんがで読破シリーズ』でしか読んだ事のない本も多い。使える時間が限られているし、活字の内容のみから情景を思い浮かべるのが苦手なので、映…

Kindleまとめ買いコーナーで全巻購入が簡単になって危険

Kindle まとめ買いコーナーがリリース Kindleストアで『Kindleまとめ買いコーナー』がリリースされました。「全巻セット」などのまとめ買い商品が並んでおり、購入すると一気に全部ダウンロードできるようになります。 最近の漫画は巻数が多くて、いちいち購…

Kindle Store で『暗殺教室6巻』の製品版が無料配信されているみたい

『暗殺教室』の6巻だけが無料配信されている 普段から『Kindle本-コミックのベストセラー』をあさって無料漫画をダウンロードしているのだけど、『暗殺教室 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)』が無料で配信されていて驚いた。 集英社の無料漫画は基本的に『期…

村上春樹がKindleで電子書籍を読んでいることに椅子から転げ落ちる

ふたたび村上さんのところ 生きている人間は少しづつ変わっていきますが、過去に公開された文章は永続的に残っていきます。もう本人の手からは離れて古くなった教義に固執していた自分を知ることが本当に良かったのかの判断はつきかねますが、村上春樹がラン…

iPhone版Kindleの『新耳袋』で「怪談千物語」をしながら活字休憩

『新耳袋合本版』 新耳袋とは実話風の短編怪談が1冊につき99篇収録されている書籍です。木原浩勝氏のドライな文体と因果関係や解釈を介さない「オチなし」感が不思議な中毒性を持ちます。かなりの人気になっていたので、タイトルぐらいは聞いた事がある人も…

Kindleヘビーユーザーの唐突な本棚晒し祭りで「中途半端な本」を晒す

唐突な本棚晒し祭り 祭りに便乗して晒してみる。最近はKindleでばかり買っているし、物理本は結構手放したので、それでも本棚に残っている書籍は少し特殊な位置付けにある。道重さゆみ様の写真集とか。 春樹棚

共著した電子書籍出版が間近なので電子書籍はスマホやブラウザからでも読める事をあらためて周知したい

電子書籍はスマートフォンやブラウザからでも読めますよ 11月14日に共著者として参加させて頂いた『レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方』が発売されるのですが*1、電子書籍について会話すると「タブレットとか専用端末を買わない…

Kindle Voyageの中身は基本的にKindle PaperWhiteと同じなのね

Kindle Voyageが発売 『Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi』のヘビーユーザーで、殆んどの書籍はKindleから買っているので、『Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー』についても期待していた。確かに高解像度で、ユーザーイ…

メジャー作品を避けてしまうオタク浮動層として『HUNTERxHUNTER』すら読んだことないのでSTARTER BOOKで勉強した

『HUNTERxHUNTER』が再開した事だし それなりの漫画好きではあると思うのですが、実際に読んでいるのは講談社系が多いみたいでジャンプの有名漫画をあまり読んでなかったりもします。『One piece (巻1) (ジャンプ・コミックス)』や『ジョジョの奇妙な冒険 (1…

TwitterでRTするとAmazonで買える「ノマド衝動買い」の加速装置

photo by libraryman Twitterを使ってAmazonのカートに商品を追加 AmazonはユーザーがTwitterを使ってAmazonのカートに商品を追加できる機能を発表した。 ユーザーがAmazonにTwitterのアカウントを登録すると、AmazonでのショッピングがTwitterとリンクする…

Kindleの蔵書がもうすぐ1000冊になりそう

Kindleの蔵書がもうすぐ1000冊になりそう 気怠い感じで過ぎていく日々。最近は本を読みながらルーム自転車を漕いでいる。1時間漕げば500kcalほど消費するらしい。本当かどうかは知らないけれど。基本的にはシュッとした服が着たいのだけど、気を緩めると太っ…

Kindleのアンダーライン共有機能でミステリ小説のネタバレをされるかもしれない話

アンダーライン共有機能の悪用 以前にKindle Paperwhiteのアンダーライン共有機能を紹介した。 それで、Kindle Paperwhiteで本を読んでいると「◯◯人がハイライト」って感じでアンダーラインが既に引かれていて、ちょっと驚くとともにそんなことを思い出した…

『金田一耕助ファイル』に付いた番号は発売順や事件順と違っていて混乱するので36年間の探偵生活を並べ直す

金田一耕助ファイル Kindleで横溝正史の金田一耕助シリーズが配信されていて全部そろえてたのでですが、この順番が実際の発売順と違っているので混乱します。 例えば『金田一耕助ファイル1 八つ墓村: 1 (角川文庫)』に『金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件:…

Bitcoinで電子書籍リーダーが自分の書籍購入代金を稼いでくれる未来?

photo by antanacoins Bitcoinという決済システム セツヤクエストお題第二弾「わたしのマネー術」についてはあまり書く事がないのですが、最近気になっている決済手段としてBitcoinという仕組みがあります。BitcoinとはP2Pの決済システムで、ひとつの特長と…

無料のKindle本をダウンロードするとAmazonから300円クーポンが貰えるって無料雑誌の新しいカタチなのかも

無料のKindle本をダウンロードするとAmazonから300円クーポンが貰えるキャンペーン オールタイムベスト小説100出版社/メーカー: Amazon.co.jp発売日: 2013/11/07メディア: Kindle版この商品を含むブログ (3件) を見る そういうのもあるのか!『Kindle Paperw…

Kindle Paperwhiteで「みんなのアンダーライン」が勝手に引かれていて古本との対話を思い出した話

古本との対話 電子書籍が出たての頃、読書をしている時にみんなが引いたアンダーラインやメモが読めると楽しいなって思っていました。古本を買うと稀に過去の持ち主のアンダーラインがあったりして、基本的には邪魔なんだけど難解な本を読む時に励まされたり…

Kindle Paperwhite 2013年モデルが到着したので開封の儀をしてみる

Kindle Paperwhite を買った理由 念願のKindle Paperwhiteが届きました。自律神経失調症の原因のひとつに液晶を眺めすぎているのではないというがありました。そう考えるとPCやスマートフォンを使っている時間が長い事に加えて、電子書籍のためにタブレット…

情報セキュリティスペシャリスト試験まであと一週間だったのに準備しかできていなかったオレはコダワリの参考書自炊をすることにしました。

参考書を開けない日々 『情報セキュリティスペシャリスト試験まであと二週間だったのに何も準備してなかったオレはしぶしぶ勉強することを決意しました。 - 情報学の情緒的な私試論β』では情報セキュリティスペシャリスト試験まであと2週間だったわけですが…

Kindle書籍をMacで読んだり、コピペ引用すると書評ブログが捗る

『samulife.com - 』 上記読みました。種明かしをすればAndroidの仮想マシンを動かして、そこで表示させるという当たり前の話だったのですが、タイトルの勝利ですね。とはいえ、Andoridといえば激重のエミュレータでデバッグをしていたイメージしかなかった…

Kindle MatchBookによって「どこで買ったか?」に互換性がない時代へ

photo by William Christiansen「どこで買ったか?」に互換性がない時代 AndroidのスマートフォンからiPhoneに移行するのにあたって、iOSに対応していないSony Readerの書庫ライブラリが肥大化していることへの危機感があるのですが、これはSony Readerで買…

電子貸本の時代はあとちょっと?〜Kindle期間限定 無料お試し版について

期間限定で無料閲覧できる電子書籍の登場 『「あーたらしーいー無料がきたー」集英社のお試しキャンペーン、今度はGANTZ!!9月1日まで1〜6巻がKindleで無料』で知ったのですが、『Amazon.co.jp: Kindleストア: コミック 期間限定 無料タイトル』におい…

タバコ休憩に対抗しての「活字休憩」にはiPhone版Kindleが便利

「タバコ休憩」ってズルい 一般的な職場環境において、「タバコ休憩」が暗黙的に認められている事が多いです。「タバコ休憩」とは昼食やトイレなどとは別に、自主的なタイミングで5~10分程度タバコを吸うために離席して休憩を取れるというものです。判例と…

「Kindle本のお買い得ウィジット」が便利

Kindleセール中毒 もともと電子書籍はSony Readerで大量に買ってきたのですが、ここにきてKindleで買うことが増えています。先月のセールはかなり神がかっていたのですが、今回の「今月のセール」は小説や漫画の1巻目みたいなものが多く、あまり食指が動きま…