太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

タバコ休憩に対抗しての「活字休憩」にはiPhone版Kindleが便利

「タバコ休憩」ってズルい

 一般的な職場環境において、「タバコ休憩」が暗黙的に認められている事が多いです。「タバコ休憩」とは昼食やトイレなどとは別に、自主的なタイミングで5~10分程度タバコを吸うために離席して休憩を取れるというものです。判例としても「トイレによる離席等と同様に労働時間に含む」という結果がでており、生理現象として特権化しているところがあります。

 僕自身は喫煙者ではありませんが、吸いたくなる気持ちも分かりますし、とやかく言うつもりもありません。ニコチン中毒者にも慈悲深く寛容です。その代わり、タバコ休憩が良いなら「活字休憩」をしても良いのではないかと思いました。そもそも裁量労働制だから残業代は出ないとしつつ、その一方では「定時」「休憩時間」みたいな概念が出てくる時点で完全に矛盾してるんですけどね。

有意性中毒者

 僕自身は重度の活字中毒……正確には有意性中毒とでも言うべきものを罹患しており、視界の片隅や聴覚の片隅に意味のある言葉が存在するか、自身から発する状態にないと気分が悪くなってしまいます。その言葉が「有用」であるかは問題ではありません、「意味」の持つ情報量の問題です。

 正直なことを言えば眼前の人間や絵画や映画にういても先に言語に変換してから受容しているところがあります。あらゆる状況を言語化してからでないと理解できないので、球技や運転などの反射神経を伴う作業が非常に苦手です。ランニングなど単独の運動能力自体は悪くないはずなのですが。

言語化中毒と相貌喪失

 また軽度の相貌喪失を自覚しているのですが、それは完全に言語化しきれるだけの語彙も記憶力もないのに特徴を言語化して覚えようとしてしまう事から発生している側面もあると思います。そこまで興味がない人についてはカテゴライズぐらいの言語化しかできないので、高頻度で「○○さんと××さんは僕の中だけで激似」となってしまいます。

 OFF会とかでも相手からの反応があってはじめて「あ、この人は以前に会った事がある人だ」と分かる一方で、ブログやTwitterの内容を詳細に覚えていたりして気味悪がられる事もあります。顔ではなく文字列で覚えているのはネット時代には適合する気もしますが、リアルで2回以上会う人には不審がられやすいですし、キャラクター設定みたいな感じで覚えているのは失礼だと思う事もあります。

 そのような言語化にによる印象の比率が強い段階で人格そのものを尊敬したり、ましてや「恋をしちゃいました♪」は、互いにとって不幸になると思いました*1。そうにゃんかー、でも恋したいにゃんは2ヶ月メル友で、初デートの最後に「君が好きです」とかメールされたいにゃん*2


タンポポ 恋をしちゃいました! - YouTube

活字中毒者にとってのタバコ休憩

 話が壮大に飛んでしまいましたが、有意性中毒者の僕は「意味」を吸引する必要があり、濃密な「意味」を短時間で得るためには「読書」の効率が良いのわけです。実際、短時間の読書によるストレス解消効果は「活字中毒」に限らずとも効果があると実験からも明らかになっているようです。

イギリスのサセックスにある大学で、心拍数などから読書・音楽視聴・1杯のコーヒータイム・テレビゲーム・散歩それぞれのストレス解消効果を検証したところ、読書は68%・音楽試聴は61%・コーヒータイムは54%・散歩は42%・テレビゲームは21%ストレス解消効果が現れたそうです。また、静かなところで読書を行えば、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を得られるとのこと。


意味吸引器としてのKindle

 Kindleで買った本はiPhoneで持ち歩くことができます。仕事場で文庫本を持ち歩くのは流石に目立ってしまいますが、スマートフォンを眺めるのは誰もがしているところです。Kindleによってタバコ休憩にも限らず、電車の中であったり、踏み台昇降をしながらであったり、色々な文脈で「意味」を吸引できるようになりました。

 iPhoneではバックライトが使えるため、電気を消してからベッドの中で読むこともできます。寝煙草は厳禁ですが、「寝読書」による意味吸引は可能です。手元灯は不要ですし、眠くなったらそのまま寝られます。防水ポーチがあれば風呂に入りながらも読めます。

電子書籍中毒者の誕生

 そんな感じで、意味吸引をしていく頻度を増やしていくというのは本当に良い事なのかとも思いつつも、ジャンキーになってきています。もともと読書量は多い方だったと思いますが、紙の本を読むための時間がなくなり、代わりに手のひらサイズの電子書籍が様々な文脈に入り込んできたというところでしょう。

 これは電子書籍について「物理的な在庫がなくなった」「原価が安くなった」という話とは全く別レイヤーの衝撃と考えています。なので、紙の本は読まないけれど「電子書籍であれば中毒」という層が誕生するのではないでしょうか。そもそも『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』というセカイもありましたしね。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

関連記事

*1:いや、具体的な何かがあったわけでもないですか。

*2:婚活サイト?