太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

人のブログを遡って読んで仮想マシンをインストールする

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

人の昔のブログをさかのぼって読む

 id:shiraber さんの『古いブログとか日記を思い返す - しらべない』と『ウンウンひとりで考えてもしゃあない - しらべない』を読みました。ひとつめは「人の昔のブログをさかのぼって読むことは面白い」ということ、ふたつめは「ひとつの世界の思い込みだけでは妥当性が見つからなかったりするから、先人の思考をトレースしていこう」という内容です。

 僕も人の昔のブログをさかのぼって読むのが好きです。人に歴史ありとは言いますが、現時点から過去を語れば、どうしたって思い込みがあったり、現時点の観点から正しくなるように行動の正当化理由を無意識に捏造してしまったりという事が出てきてしまいます。もちろん実際の出来事があってからブログに書くまでもタイムラグがあるのですが、それにしたって「その時点の認識」の羅列を開示することには変わりありません。「その時点で語られていること」にすごく価値を感じます。

今の視点から「その時点」を語らざるをえない寂しさ

 ネットを始めたのはそれなりに早いと思うのですが、実は2005年~2009年ぐらいまではガラケーで2chやmixiや携帯サイトを読んだり、会社のPCで調べ物をする時ぐらいしかインターネットが使えない状態になっていました。なのでその頃の論争とかをリアルタイムでは全然把握してないことが多くて、はてな村全盛期のハックルさんや非モテ論壇などについてはかなり後になってから遺跡発掘をして知った感じです。まったく発掘しきれてないですが。

はてなに入る前、なおやさんのブログを読みまくった。技術のことは
わかんないけど、スゴイ人だと思って頑張って入社しようと思った。

 自分の場合は id:yaneurao さんや id:shi3z さんのサイトを読んでいましたし、実家で『電脳空間カウボーイズ』のPodcastをウンロードしてiPodに同期して徐々に聴いていっていました。与太話だったり、局所最適しすぎじゃないかとか思いつつも、その話はすごく魅力でした。自分自身では結果として業務で実運用されるようなプログラムを書くような経験はほぼなかったし、「スーツ」としての振る舞いを求められる事が多かったのですが、だからこそ未だにギークワナビーな所があるのかもしれません。

 そんな感じでnaoyaさんも含めて一種の理想化自己対象として、スターエンジニア達を眺めていました。『流行りだとか話題のためにアニメを観ること~コミュニケーション基盤としてのオタクコンテンツ - 太陽がまぶしかったから』でオタクワナビーになったり、『http://bulldra.hatenablog/entry/2013/08/07/220825』でサブカルワナビーになったり我ながら忙しいものです。

 ・・・なんて当時の話をしたとして、どこまで本当の事だったのかなんて自分自身ですら把握できていません。その意味ではアカウントやエントリを消したり、長期の休止をとってしまう事を繰り返してきた自分に残念な気分になります。当時は岡田斗司夫や栗本慎一郎にかぶれていて、なかなか危うい言説を書いていましたが、それはそれで現在の自分の観点から織り込んでいても良かった内容だったような気もします。黒歴史はほとんどが本当の黒歴史なのでしょうが、それでも消してしまう事はなかったのかもしれません。

妄想戦士<ドリームソルジャー>

そこで、昨日のブログではないが、先人のヒストリーで動機づけられようというわけである。他者はどのように歩んでいるか、それを参考指標にする。別に戦略的にではなく。インスパイアされれば良いという思いで。まねっこまねりんしたいモデルはないけど、かっこいい在り方ってのはあるよなと。そんなことを思う。

 人のブログを遡って読むと、例えば今は100あった場合の100だけを示されるのではなくて70ぐらいからの試行錯誤をしている姿が見られます。模倣における逸脱を目指せといっても、いきなり100を真似するのは無理です。少しずづつ壁を越えていってる姿を含めて模倣することで、やっと追いつく事ができるのかもしれません。70を100にするための差分は自身の能力がまだ50ぐらいであったとしても適用出来る部分がかなりあるものです。

 自分には何かあった時に「この人だったらこうするだろう」という複数人の誰かの考えをトレースして、脳内会議を行う癖があります。この話って少し馬鹿にした文脈で使われていますが、誰しも多かれ少なかれ持っているものと思います。

青二才が文章を打ちながら、何かしら一席ぶちたくなった時。
彼の上から「青二才の考えた、成功者としてのおっさん」妖精がヒラヒラと下りてきて、
マジンガーZみたいに彼の脳みそとガキーンと一体化するのである。
すると、彼の文章はたちまち威勢よく、偉そうになり、画面から加齢臭が漂う代物になる。


青二才の頭の中に棲むおっさん青二才の頭の中に棲むおっさん

 自分の脳にロールモデルが仮想マシンとしてデプロイされて動き始める瞬間に出来る事があります。実際的な自分は怠惰で、嫉妬深くて、自分勝手なのですが、それでも格好良い人はこういう場面でこうしていたとマシな方法を考えたりもします。これはひとつの「前世の記憶がよみがえった光の戦士」のようなもので、その瞬間だけ妄想戦士<ドリームソルジャー>として覚醒する感覚があります。

 例えばジョブズだったら、naoyaだったら、shi3zだったらと仮想マシンを転生させて彼らならどうするかの仮説を立ててみる。その時に現在の姿から表面的に真似をしてもイタいだけです。あくまで自分に近い若い頃まで降りてもらって、そこから今の姿になるまでの「過程」からヒントを探ろうとします。一歩間違えば守護霊インタビューですが(w

ステークホルダーの仮想マシンをインストールする

 また『うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~』には「チェス盤思考」というのがあって、チェス盤をひっくり返すように、物事をイメージして相手だったら次の一手はどうするかという部分から思考を展開します。ここで、部長だったら、取引先だったら、後輩だったらと仮想マシンを転生させて同時シミュレートすることで最大多数の最大幸福を得られそうな選択肢を選ぶ事で満足度の高い取引が行えたりします。

 個人的な反省点として、上司のプライドや後輩の成長やモチベーションを蔑ろにしてきてしまったというのがあって、その辺についても相手の立場にたって考える事が増えました。これはmixiでも発見しない限り心情を探るのは難しいですが、行動観察をして手帳などに勝手にログを書いていくことで対応出来そうです。もちろんそこには妄想も入ってしまうのでしょうが、まるで気にしないでデリカシーのないことをし続けるよりは幾分かはマシになるでしょう。

人生全体のライフデザイン

そこで、昨日のブログではないが、先人のヒストリーで動機づけられようというわけである。他者はどのように歩んでいるか、それを参考指標にする。別に戦略的にではなく。インスパイアされれば良いという思いで。まねっこまねりんしたいモデルはないけど、かっこいい在り方ってのはあるよなと。そんなことを思う。


キャリアという言葉は20代ほどにはこだわらなくなった。仕事上の歩みという意味に限定された意味あいにおいては特に。人生、ライフ全般におけるキャリアということに重きを感じ始めた。生き様、という言葉が響くようになる。在り方とか、生命としての強度といいますか。出自が文学部なんでしょうがないですな。

 確かに仕事そのものよりも、人生について考えることが増えたかもしれません。『米田智彦『僕らの時代のライフデザイン』〜きっと何者にもなれない僕らのための生存戦略 - 太陽がまぶしかったから』についてはずっと考えていて、これ自体が「経済が縮小する宿命論のなかでのサヴァイヴにすぎない」という批判は成り立つのだけど、それが宿命なのかそうでないかに関わらず、僕個人としては投票に行く以上の政治参加はしないですし、個人としてサヴァイヴするための手段を探るのがもっとも費用対効果が高いというのも現実です。

 だからというのは言い過ぎなのかもしれないのですが、仕事人間以外の仮想マシンが必要なのかもって思う事が増えています。そうなった時に色々な人達が生きている姿を記録し続けるようになった現在のブログを読み進めていくのって結構よいのではないかと思うのです。

幸福の指標を入れ替える

 「格好良い」というのは視野を広く持つとまた変わってきます。誰もが資本主義における英雄的行動ができるわけではありませんし、それを求められているわけでもありません。脱社畜してみたり、ドラッガーの本を書いたり、寿司をぶつけたり、いろいろえっちしたり、短歌を詠んだり、バックパッカーをしたり、コンビニ店長をしたり、そんじゃーねしたり。そんな有名ブロガーだけでなく、もっと普通の人々が普通に日記を書いて、それぞれの「うちら」を開示しています。

 それを、そのまま真似をするという話ではなくて、瞬間瞬間の選択肢としてインスパイアできれば充分なのではないかと思います。トルストイは「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」と書いてます。しかし実際には程度の問題であって、誰もがソコソコの幸福とソコソコの生きづらさを抱えており、指標を変えれば幸福状態への「なりきり」が可能な場合があります。この時に頭の中に色々な人を仮想的に住ませておけば立場を入れ替えての幸福維持が可能となる場合があります。

 それは阿片にすぎないのかもしれませんが、あまりに激痛であれば、回復行動もままなりません。ペインクリニックもひとつの医療です。その時に発生する非一貫性については責めてやるなよと思うところもあります。その豹変こそが、70を100に出来た要因になるのかもしれないですし。ともかく今は色々な人のブログを読むのが結構楽しいです。このブログも誰かの仮想マシンのひとつになれたらなって思うのですが、それこそが現代におけるミームの伝搬であり、デジタルな子孫繁栄なのかもしれません。

利己的な遺伝子 <増補新装版>

利己的な遺伝子 <増補新装版>

  • 作者: リチャード・ドーキンス,日高敏隆,岸由二,羽田節子,垂水雄二
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2006/05/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 27人 クリック: 430回
  • この商品を含むブログ (183件) を見る