太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

「ラーメンと人間関係に疲れた」のでいつもと違う道を歩いてみたら念願の家系ラーメン屋を発見した

ラーメンと人間関係に疲れた

 ここ数日の一部エントリは自分でもメンヘラっぽいなという反省がありつつ。単純に日中に使ってしまう時間や注意力を節約したり、独り言を書くならブログに書いた方が文字数制限がないし、ログも散逸しないかなって話なのですが、なんか大袈裟に書きたくなっちゃう病気がまだ残ってるんですよね。「普通の日記を書こう」が最近のテーマなんですけど超難しい。

 閑話休題。地元駅の周辺には家系ラーメンが3軒あったのですが、1年ほど前を境に次々閉店するという展開になりました。蕎麦の次に家系ラーメンが好きな自分には一大事です。幸せの青い鳥を求めるがごとく別の駅を旅する事になりました。

ラーメンブロガーとして家系ラーメンを食べる

 『まずいラーメン屋はどこへ消えた?「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法 (小学館101新書)』では「通勤定期券」の存在によって駅が離れているぐらいの事は問題ではなくなったと指摘していますが、勤務形態の事情で定期券を持っていないので自腹は結構辛いのです。それで落胆に暮れていたのですが、久日にロードサイド方面を散歩してみたら見慣れた「◯◯家」という名前と「濃厚豚骨」の文字。Google Map上でも別のラーメン屋の名前がでるのですが、新装開店して家系になっていたようです。

 結構歩くことにはなるですが、電車に乗らなくても家系が食べられるというのはありがたいです。家系ラーメンとは、豚骨醤油に鶏油が入ったスープに中太麺、ほうれん草、海苔なんかが特徴のラーメンです。注文する時に、麺の硬さ、味の濃さ、油の多さを選ぶ事ができます。二郎でいうカラメアブラのようなカスタマイズですね。

いつかはもやし

 どうも最近、味覚障害気味なので、ついつい味濃いめ、油多めを選んでしまいます。トッピングには「もやキャベ」と呼ばれる、もやしとキャベツを茹でてごま油をかけたものを頼む事が多いです。別丼。

 こう見ると二郎でいうところのヤサイに近いですね。同じ豚骨系だし外形的には二郎と似ているところが結構多いのかもしれません。でも実際に食べてみると、醤油≠カネシや鶏油が効いていて二郎とはまた違った味わいになります。ラードじゃなくて、鶏油を使うというのが発明です。おろしニンニクやゴマなどがテーブルにあって途中で好きに味変できるのも心強いです。大量のニンニクを入れたりして、さらに味覚障害に近づきます。

 それで、ホクホクしながらの帰り道、またちょっと違う道を通ったら別の家系ラーメン屋があったんですよ。あたしはぞぉーっとしてしまいましてね。どんだけ家系激戦区だったんだよ・・・この地区。でも2軒もあったのに1年間も気付けないぐらい自分の生活圏内がマンネリ化していたんだなーって思いました。青い鳥は案外身近に飛んでいたんだよっていう物語。

青い鳥 (新潮文庫 メ-3-1)

青い鳥 (新潮文庫 メ-3-1)