太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

はてなブログのPVランキング1位になったのでブログ運営の手の内を明かす

f:id:bulldra:20131206054126p:plain

いつのまにやら300エントリ

 いつの間にか300エントリになってたという話を書こうと思っていたのですが、『hatenablog.com Site Overview』を見たら「hatenablog.com」内のランキングで1位になってました。ありがとうございます。7月27日に更新を再開して4ヶ月と少しですか。

 このランキングの信頼性は微妙ですし、古参の人々が移転しはじめてきた http://hatenadiary.jp などのドメインが含まれていないので所詮はコップの中の嵐です。そもそもPVが多いことで得することなんて殆どないですし、こういう記事を書く時か月末ぐらいしか気にしてません。月間PVも正確には把握してないんですよね。

f:id:bulldra:20131206053811p:plain

 ただ、せっかくなの自分の中のブログ論らしきものを一旦は終わらせるためにも、手の内を書いて行こうと思います。まー、そんな大袈裟な事は考えてないってのが実情なんですけどね。

ブログ大戦略を明かす

 ブログのKGI(重要目標達成指標)については、これまでもさんざん書いているのですが「長く続けられる趣味を作ろう」が大目標であり、副次的に「楽しい」「思考ログ」「交流」「収入」「承認」あたりの報酬を少しづつ得られたらいいね!というスタンスです。なので自己満足もクネクネも広告も同程度には重要ですし、同程度には価値がありません。

 行為には様々な動機があって性向の多元性と行為の展開する文脈の多元性において自己言及される動機は極僅かに過ぎないというのに、AはBなんだって殊更に定義するのはナンセンスだと思うんですよね。なのでパラメータ配分の問題になるのですが、私自身としては、どの報酬ベクトルについても大きなスカラー値を追いませんでした。面倒だし。

 全ての報酬を承認に回したり、広告によってリーダビリティが下がるみたいな事をしてたら続かなかったろうねって思います。収穫逓減の法則というのがあって、あるラインまでは比較的簡単にいけるけれど、そこから先は維持する事さえ指数的に難易度が高くなるラインがあるというのが一般的です。パレートの法則も有名ですよね。どこかに特化して10にする努力をして他が疎かになるぐらいなら、二つの指標で8+8を狙います。

 ブログ運営自体に限らず、この「指標」を見つけ出してプレゼンテーションできるかってのが本質的な「ブロガー力(ぢから?)」だと思っています。自身に合ったパラダイムを作るとはそういうことなのでしょう。

ブログ運営の自分ルール

 自分に課したルールは以下の通りです。

  • 1日1回は惰性でも更新する
  • 必要以上に他者を煽らない

 とりあえず決めたのは1日1回は書こうという事です。過去に「1週間に1回」「書きたい時に書く」というスタンスでやっていた頃は例外なく2ヶ月放置みたいな事をやらかしてましてた。なので、とにかく1回は書こうと。8月には店長が毎日更新の宣言をしていて、それに触発されて「1日2回更新するわ」となりました。流石に結構辛かったのですが、反動で1日1更新は余裕になりました。悟空が超重い服を着て過ごしたのと同じですね。

 もうひとつは罵倒芸や炎上芸をしても自分が面白くないし、相手に迷惑です。粘着されても面倒ですし、そっち方向には堕ちないようにしてました。罵倒混じりで絡まれることは何度かありましたが、そういう人って単純な事実誤認や誤読を前提に話が進んでいたり、日本語が不自由だったりして、ノイズの多い文章に時間を裂いてあげる価値もないのでカジュアルにスパブロミュートです。

 コメント欄については最初から閉鎖状態ですね。可能な限り「顕名アカウントかつ自身のホームで発言して頂きたい」という願いがあります。感想をブログでほしいのです。そういう文章はちゃんと読もうと思いますし、なるべく返答しています。増田や外部サイトは言及通知がないし、特にエゴサーチをしてないので気づかない事のが多いのですが。

ネタ探しと記事作り

 特に意識はしていませんがRSS・読書・体験の三本柱。どこかで気になる1文があったら、そこから自分の経験と紐付けて話をふくらますという事が多いです。あとは書いていくうちに勝手に結論らしきものがでてきます。連想ゲームがうまくいくと良い記事になるし、そうじゃない事もあります。ラジオや呑み会で与太話を喋ってるのと同じ感覚です。

 基本的に出勤前の1時間〜1.5時間で書かないといけないので、時間との戦いです。文章術とかそういう事は全然してませんし、ほとんど一筆書きです。誤字が多いのは治そうと思いつつも単純に時間がないんですよね。最近は通勤時間にiPhoneで直してたりします。

ソーシャルメディアとの関わり

 特に更新再開初期においては、はてなブックマークのお世話になりました。更新再開してすぐに『MacBook Proを売りに行ったらAppleIDとパスワードの提示を求められた話 - 太陽がまぶしかったから』を「普通の日記」として書いたつもりが大炎上してしまい、はてな怖い><ってなりました。今から思えば小炎上ぐらいですけれど、そこから固定読者がついたように思います。そんなわけで、はてなブログ側のリンク対策とか、ソーシャルメディア言及が増えたからか、Page Rankが急激に上がって、どんなネタで書いても検索結果に表示されるようになっていきました。イケダハヤト氏が「座布団」と表現してますが、その辺の安心感はありました。

 そもそもPVのためにジャンルを絞れとか意味不明でしたし、ブクマに頼り過ぎると継続性がないので。もっとも検索エンジン最適化についても、Google様に握らせてるのにはかわりがなくて、ここも指標を多く持ちつつスカラー値を追わないってのが重要でしょう。強いて言えば「最適化」をしないのが戦略です。Twitterも一時期は積極的にしてました。ブロガー同士の交流とか楽しいですよね。でも、ずっとそれをしてても時間がなくなってしまうので、現在は使用時間を減らしてます。

普段は変化球や牽制球、時々は豪速球を狙いたい

 殆どの人にとってブログは人生の5%以下と書いているのですが、時間で言えば1日1.2時間、お金で言えば承認などのオフバランスな報酬を含めて年間20〜30万円相当ってのがせいぜいでしょう。そこにはだから適当でよいって部分と、そうでもない部分が同居します。

 常に練りこんで作るのは不可能ですが、時々は本気になれる程度の期待値です。BLOGOSに転載されるようにもなったので、そちらの方向も向きながらオピニオン(笑)を書く事もあります。油断しているところにぶっこむのが醍醐味でしょうか。

 最近だとセツヤクエストがありますが期間限定なら大人気ない事をするのも楽しいです。それでもレシピまとめや動画まとめをしなかったんやで。とはいえ偽装結婚ネタは大炎上する書き方もできそうでしたが、エスケープしまくりで、その辺が自分の限界でもあります。

連続ブログ小説

 どう読まれようが知った事ではないのですが、可能であれば人気記事だけでなく、普段のどうしようもない記事を合わせて読んで欲しい部分はあります。それらは一連の流れになっていて、ゼロから読むと味わいが半減してしまう可能性が高いので過去記事へのリンクを多くしている側面はあります。

 ある行動は文脈ありきで行われるわけですが、その過程を毎回説明しても仕方がありません。連続テレビ小説を途中から見せてつまらないと思わせるのはこちらの能力不足もあるのですが、できれば点だけでなく線のアップダウンで読んで欲しいなーってのはあります。ここには○○の事しかないって印象はホッテントリで上がった点だけで見てるからだよねと。ガチの記事を続けて出さないって方針はそういう意味合いがあります。

 なんかつらつらと書いてましたが精神論じゃんこれってなってきました。もうちょっとテクニカルな話を次回にしましょう。言いたいことをまとめると、ひとつの指標に根を詰めると辛いし、自分の中の色々な動機を認識して適当にやれば継続性が高まるって事と、でも時々は大人気なくやった方が楽しいし、結果もついてくるって話。まー、生存バイアスを精神論で語るマンみたいでアレだけど。

具体的な方法論に入っていく

 精神論ばかりでもアレなので、実際にブログを運営するのに当たって使った基礎的なテクニックや考え方を紹介します。

  • ブログ運営の優先順位をはっきりさせる
  • 記事構成のポートフォリオを作る
  • ラーメン屋ではなくイートイン付きコンビニ
  • 回遊率を高める
  • お代は見てのお帰り

ブログ運営の優先順位をはっきりさせる

 普通に働いていますし、別の事もしなければいけないのでブログに使える時間が制限されています。なのでプロブロガーのように一日5回更新や、延々と論争してみたり、質問に丁寧に答えるみたいな事ができません。なので少ない時間で複数的な意味での成果を上げるための優先順位を決めていかざるをえません。

 個別の質問を無料で受け付ける気がないのはそういう側面が大きいです。ブログそのものから得られる報酬が限定的である以上、そこに掛ける意志力や労力も一定ラインまでに抑えなければ「価値V=機能P/コストC」が低くなってしまいます。というか趣味にそこまで真剣になれません。

記事構成のポートフォリオ

 ここで言う「複数的な価値」というのは必ずしも「はてなブックマークが沢山付く」ではなくて、もっと別の観点もあります。色々な要素を全て満たせるような記事ばかり作れれば良いのですが、そんな事は続けられませんし、飽きられて炎上商法になっていかざるを得ないが実情でしょう。なので、アップダウンや牽制球や変化球や豪速球を全部ふくめて、このブログなのだという位置づけを意識していました。それこそBLOGOSで1000近くの「いいね!」が付くようなオピニオン(笑)や、自意識こじらせや、プログラミング、「ラーメン食べたよ!」みたいな記事を混在させています。

 一応はそれぞれの記事には役割があって、1〜2週間単位で合算した成果を目指した記事ポートフォリオを組んでいます。実際には記事ストックなんて殆どできないし、アドリブ的に書くことも多々ありますが、現在の文脈に応じてこういう方向で進めてみような大きなラインに応じてバランスを考えます。資産運用だって全額をハイリスク・ハイリターンに置くのはおかしくて、適当に分散投資するわけです。

ラーメン屋ではなくイートイン付きコンビニを目指す

 先日あった id:hase0831 さんと id:fahrenheitize の対談イベントにおいて、以下のようなやりとりがありました。

 私自身は前半部分にちょっと否定的でもあって、同じジャンルからそこまでネタ出しを続けられないし、固定読者からしても「もういいかな」って食傷気味になってしまう可能性のが高いと思っています。ラーメン屋は時間を置いて同じラーメンを何度も食べてもらえば良いわけですが、現在のブロゴスフィアはサイクルが早いので毎日更新が当たり前です。すると、どんなに美味いラーメンも食べ続けるのが辛くなる時期が来ます。

 その意味では定食屋どころか、イートイン付きのコンビニを目標においてました。ラーメンが食べたいと思って行くのではなくて、取り敢えず行ってみると今の自分の文脈にとって欲しかったかもと思える物が出てくるという感覚も大切にしたいと考えています。ただしラーメンはラーメンで本気を出します。すると絶対値としてはラーメン屋と同程度か、むしろちょっと劣るぐらいであっても「コンビニのくせに、ここのラーメンうめぇ」っていう文脈の力が生まれます。すると今度は「時々出されるラーメンが美味い」という文脈が生まれて、それ目当てで通ってしまったり、チャーシューの試食会が盛況になったり、この唐揚げくんは次のラーメンの布石なのでは?となっていきます。

 そもそも検索経由で来る人は一発で辿りついてるわけですし、タイムラインで見たら固定読者を向くべきなのに多様性がマイナスになるというロジックは少々疑問です。元のツイートの通り、「○○の人」として有名になる事を目指すのであれば必要なのですが。

回遊率を高める

 コンビニ例えの続きでいうと、レジ横の商品陳列を重視してウィジットを作りました。特にスマートフォンにおいては、記事を読み終わった後に「どうしよう?」というのが生まれます。そんな時に、ついで読みをしやすくなるデザインを考えました。直帰率を下げるとか、回遊率を上げると言われる行為です。

 「総PV = 訪問者数 × 訪問者毎PV × リピート回数」なのです。ついで読みは「訪問者毎PV」を高めてくれるのはもちろんですが、2つ読んで面白かったとするとRSS登録や読者登録に至る可能性も高くなりますので「リピート回数」も確保できるようになります。バズらせる記事ばかり書けるわけでもないので、新規訪問数の期待値は割りきって、代わりに顧客当たりのLTV(生涯顧客価値)を高める方向で考えてました。これは「文脈の力」にも繋がります。

お代は見てのお帰り

 リピーターを増やしたり、炎上コントロールをするのに当たって、ファーストビューやフローティングバーなど、読む前に誤クリックしやすかったり、避けるのにイラッとさせる位置にバナー広告を置くのは避けました。温度が下がった目線からスタートするネタ日記や毒舌ってどうなの?って個人的には思います。叩かれる理由は色々あると思いますが、叩きたくなる仕組みを自分から選んでる部分もあるじゃないのかなーと。

 その辺りは別にブログそのものから大きく儲けるつもりがない人間だから言える事なのかもしれませんが、「お代は見てのお帰り」「小銭よりも読みやすさ」という感覚があります。ブログには二つ寿命があって、ひとつは更新が止まった時、もうひとつがブログ名だけで避けられるようになった時です。後者については釣られた時に餌をもらえず、いきなり食われそうになった経験者の蓄積が大きく寄与すると考えています。なので釣ったからにはフォアグラにするぐらい食させてあげたいという思いがあります。

まとめのまとめ

 以上まででブログ運営の基礎テクニックまでをお話しました。既存の方法論の逆をいってる部分も多々あるのですが、それは求めてるゴールの違いもあるのだと思います。どれが正しいとかではなくて、自分に合った方法がそれだったというだけです。『はてな村向きなブロガーのタイプ - Togetterまとめ』で指摘されてるようにとりあえず生活習慣として毎日3000~5000字書いてるだけなんですよね。

 PVとか基本的にはどうでも良いのですが、セツヤクエストやセルフブランディング(笑)のために瞬間的にはガチにならざるをえなかったんや。それでも時限性のイベントが終わった後に残るダメージを作るべきでもないという葛藤があって、自身のドクトリンを強く意識せざるを得なかったので書いてみました。まーそんな感じでイートイン付きのコンビニをよろしくお願いします。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意