太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

池田春樹または池田仮眠

風の歌を聴け―Hear the wind sing 【講談社英語文庫】

#池田仮眠

 3連休の最後。呑み会の翌朝はなぜか異様にお腹が空く。普段よりも多く食べているのに不思議。普段だったら朝ごはんを食べないのだけど、吉野家で牛丼と豚汁を食べたから二重で多い。牛丼を朝に食べると贅沢を感じるのも不思議。やっと50円のクーポン券が使えた。

 新しいトートバッグが欲しくなって本屋で探す。これも不思議な話なのだけど、最近は雑誌の付録のトートバッグが異様に安くて重宝している。半使い捨てができるし、質もそんなに悪くない。「おまけ」の雑誌を読むのも違う世界が知れてよい。でも、今は物を増やすべきでないと思い帰る。

 部屋を片付ける。今年中に目処を付けると言いつつ全然終わっていない。今回の年末年始は長いので実家に帰る日を多少遅らせる前提にしよう。スーツケースで本やゲーム機などを実家に持って帰るつもり。

#池田春樹

 「文体は似てないけど、物書きとしては村上春樹に似ている」と言われるのは嬉しい。もちろん揶揄や皮肉として言われているのは理解しているけれど。「ダンス」「猫の手を潰すような悪意」「文化的雪かき」。その辺りのモチーフは村上春樹からもってきていることは言うまでもない。ミカサちゃんは女村上春樹と言われていたので、ハルキーズを結成した。池田仮名じゃなくて池田春樹に改名するかな。

 中途半端な時間に朝食を食べたので昼食は抜き。『酒のほそ道』を読んでいたら、刺し身で日本酒が呑みたくなってスーパーへ。タイムセールで500円の刺身盛り合わせと好物のマカロニサラダ、越後桜の大吟醸を買ってくる。越後桜はぬる燗で。美味い。

 日本酒を呑むとすぐに眠くなってしまうので仮眠したら2時。今日は仕事なのに体内時計は狂いっぱなし。昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういうわけだ。やっぱり池田仮眠に改名すべきかもしれない。

酒のほそ道 2 (ニチブンコミックス)

酒のほそ道 2 (ニチブンコミックス)