太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

「さとりブロガー」は「書けないこと」を料理する感情労働から人格労働への転換?

http://www.flickr.com/photos/16230215@N08/3322872251
photo by h.koppdelaney

「書けないこと」に敗北しないために

 『はてな村会合を終えて、ある種の敗北宣言をする - 太陽がまぶしかったから』による「書けないこと」との付き合い方について、「さとりブロガー」の先輩からアドバイスを頂きました。他のブロガーと往復書簡をさせて頂くのも久しぶりです。

 私の中の問題意識としては、本来的には性質の違うものの濃淡を考えていたのですが、それらを同じ様な言葉で表現していたために、私自身の中でさえ混同していたのではないかと気づきました。

  1. 泡沫のネット話題にイッチョガミしてくのは「(動機として)書けないこと」が増える
  2. 内発からでは「(能力として)書けないこと」が増える
  3. 外に行くと「(機密や文脈依存として)書けないこと」が増える
  4. ネットのみの人間関係が濃くなると「(不毛な面倒が増えて)書けないこと」が増える
  5. リアルを交えた人間関係が濃くなると「(機密や文脈依存として)書けないこと」が増える

リアルでの面白さとブログの面白さは違う

 時系列としては1と2の話があって、そこから外にでるようになって3を書いたわけです。その中で、主観的な面白さは「1 < 2 < 3」と感じたけれど、そこを共有する事ができないなら「ブロガー」ってなんなんだろうと思いました。また番外編として4と5がありますが、こちらも主観的な面白さは圧倒的に「4 < 5」です。

僕が大事だなーって思っていることがひとつあって、リアルでの面白さとブログの面白さってのはぜんぜん違うものだし、そもそも前者は当事者としての面白さであって、後者は他人に何を伝えるか(呼んだ人が面白いと思うか)は区別しなきゃねということですね。コミュニケーションという娯楽としては前者の方が面白いのは当事者としての立場からすると当たり前なんですよね。
 
だから、ブロガーとしての僕としては、イベントで見聞きしたことってのは「仕入れたネタ」でしかなくて、そのものを面白がるのはイベントの消費行動でしかなくって、ネタをどう料理してやろうかってのがお仕事だよねって思うわけです。

 「主観的な面白さ」から見たらそうなるのが当たり前という指摘は確かにそうです。そこに「ブロガー視点」を出すかどうかという部分に「お仕事感」を感じてしまった時点で「充電」をしようという気持ちになりました*1。「消費者としての楽しさがあれば、十分なんじゃないの? どちらも趣味なんだし」という心の声です。

「感情労働」と「人格労働」

 以前に「感情労働」と「人格労働」は違うと書いています。端的に言えば「感情労働」においては感情を操作する事そのものに負荷が掛かるのですが、「人格労働」においては自然な振る舞いをしているのに過ぎないため負荷が発生しないという考え方です。

 これって「ブロガー視点」にも通じると思います。一般的に「趣味」という言葉を使った場合においては、「人格労働」になるのですが、私の場合は「ごっこ遊び」の感覚が強いために「感情労働」になっていたようです。

 この区分そのものは曖昧ですし、揺らいでいくものです。急激に義務感を感じることもあれば、急激に自然な楽しさになってくる事もあるでしょう。おそらく「さとりブロガー」としては、なんら負荷を発生しない人格労働状態で固定化された状態にあるだろうと推察されます。

孤独と悟り

つまんないもの、ツッコミ甲斐のないものは見ない聞かない付き合わない。当然その分「ブロガーとしての人間関係の濃度」は下がるけどそれってそもそも必要なものだっけ?
 
趣味と割り切ることでさとりに一歩近づきます。それは孤独とも違う何かですよ。

 最初に書いた4については、主観的にちっとも楽しくないのです。なので、「ブロガーとしての人間関係の濃度」は下げていく方向になると考えています。「こうどなじょうほうせん」に関わることもないでしょう。それを「孤独のブログ」と表現しました。

 もう少し「趣味としての割り切り」が必要ですね。自然に書きたい事だけを書きたいのです。そんな中でも「緩やかに読んでくれる人がいる」「時々は呑み会で話せる」というのは素晴らしい事であると改めて感じました。こういう形で往復書簡ができるというのがブログの良さでもありますし、そもそもを支えているのは、「そこにブログがあったから」という事も重々承知しています。この充電中に、さとりに近づければ良いなと思います。

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

  • 作者: エックハルト・トール,Eckhart Tolle,あさりみちこ,飯田史彦
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 120回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る

*1:2013/12/25より「充電中」というアングルを続けています