太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ゴーゴーカレーのメジャーカレーでひとり大食い選手権

ゴーゴーカレーと金沢カレー

 久々にゴーゴーカレーに行ってきた。西武線沿線に住んでいた頃は高田馬場店によく行っていたのだけど、引っ越してからはご無沙汰。家の近くにはCoCo壱番屋があるけど、わざわざ外で食べるほどか?って思ってしまうんですよね。

 ゴーゴーカレーは金沢カレーの店で、ソースっぽいカレー、カレーの上にカツ、アルマイトの食器、フォーク、キャベツなどが特徴的。それらはすべて「カツを美味く食べるための工夫」であると『@nifty:デイリーポータルZ:黒くてサクサク、金沢カレーの世界』などで語られている。

 チャンピオンカレー、カレーのターバン、ゴーゴーカレーについては色々因縁があるそうなのだけど、東京で有名なのはゴーゴーカレー。ちなみに「ゴーゴー」は社長が石川県出身の松井秀喜のファンだからなのだけど、当の松井秀喜が好きなのはカレーの市民アルバで「ゴーゴーカレーの事は知らなかった」というのは2chでは有名なトリビアである。

メジャーカレー

 そんな話はどうでもよいが、ゴーゴーカレーといえばメジャーカレーと呼ばれるトッピングマシマシカレー。大盛カレーに以下のトッピングが追加されて1000円ポッキリ。普通に注文したら1550円相当。

  • 豚ロースカツ
  • チキンカツ
  • エビフライ
  • ウィンナー2本
  • ゆでたまご

 それで、普段はロースカツカレーの小盛り(ヘルシー)を頼んでいるのだけど、つい魔がさしてメジャーカレーを頼んでしまいました。5の付く日はトッピング無料券がもらえるし。

 ドーン。想像以上にでかい。カツが縦に並んでいることからお察しください。

 ちなみに、店員に頼むとマヨネーズが貰えるし、キャベツは無料でおかわりできるという隠しルールがあるので、小盛り+トッピング無料券で注文しつつキャベツでお腹を満たせる裏技。

俺の胃袋は宇宙だ

 やっぱり7割ぐらい食べたところでフォークが進まなくなってくる。トッピングの見た目にはインパクトがあるが、それ自体はなんなく食べられる。問題はご飯だ。普段は200gも食べないのに、大盛りだと400〜500gぐらいあると思われる。その割にルゥが少ないし。

 しかし、頼んでしまった以上は食べ切らないわけにもいかない。大盛りメニューを頼んでおいて残すのは人としてやっちゃいけないことだし。残りの力を振り絞って食べきる。頭の中でTVチャンピオンが始まっていたが、なんとか……完食。脂肪フラグを立てて店を去る。

彼女がフラグをおられたら(1) 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)

彼女がフラグをおられたら(1) 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ (講談社ラノベ文庫)