太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

焼き肉さん太郎や蒲焼さん太郎をパリパリにする

焼き肉さん太郎が届きました

 以前に作ったスクリプトの件で焼き肉さん太郎を送って頂きました。ありがとうございます。60枚入りだったので駄菓子屋さんが開けそうです。昔から1枚10円で固定なので、うまい棒と同じように先に値段を決めて、そこから材料費に合わせて大きさを変更したりしているのでしょう。類似商品に「蒲焼きさん太郎」もあります。焼き肉屋さん太郎だと思ってたんだけど、焼き肉さん太郎なんだよね。人格が「焼き肉」の方にある。

菓道 蒲焼さん太郎 1枚×60袋

菓道 蒲焼さん太郎 1枚×60袋

 焼き肉さん太郎は魚のすり身をロールして、みりん・醤油・七味唐辛子等でを味を付けて焼いたもので、焼き肉っぽいといえばそうだけど別の味と言えば別の味とも言えるお菓子です。ご飯に載せる事もできるし、酒のツマミにもなります。

パリパリにしたり炊き込みご飯にするライフハック

 そんな焼き肉さん太郎なのですが、保存状態によってしなっていたり、パリパリになっていたりが一定ではありません。どちらの状態も美味しいのですが、確実にパリパリに戻す方法があります。それは……袋ごと冷蔵庫に入れることです。こうすることで、水分が抜けたり、みりんが固まってパリパリになります。歯を立てればサクッと割れますし、しゃぶるようにすればシナっと戻っていく感覚が楽しめます。

 『蒲焼さん太郎 炊き込みご飯』なんてものもあるそうです。こちらは炊き込むことでしっとりさせてますね。カレーに入れたりするのもアリかもしれません。そんなわけで、しばらく焼き肉さん太郎ごはんで過ごす場合には、これらのライフハックを活用して味や食感の違いを楽しむと良いのではないでしょうか。

菓道の味付珍味シリーズ 焼肉さん太郎 60袋 (1パック)

菓道の味付珍味シリーズ 焼肉さん太郎 60袋 (1パック)

関連記事