太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

臨時閉店しているという話題のすき家に行って牛ちり鍋を食べてきた

すき家の牛ちり鍋

 すき家が一時閉店をしているみたいな話があったのだけど、偶然すき家の前を通ったら普通にやっていたので入ってしまった。この手の話に誘導される率が高いので、ステルスマーケティングなら成功している。「売り切れ」と言われると欲しくなっちゃうみたいな心理ってあるよね。

「人員不足のため、店舗を一時閉店させていただきます」
「すき家の春の閉店祭り始まったぞw」「閉店理由がシュール」などとネットが騒がしくなったのは14年3月中旬から。ツイッターや掲示板で閉店店舗の写真が次々にアップされていった。この閉店はゼンショーの業績悪化のためとか不採算店舗、ということではないらしい。入口の張り紙には「機器のメンテナンスのため」「リニューアルのため」などと書かれていて「一時的な閉店」を強調している。特に目立っていたのが「従業員不足」という張り紙だった

吉野家はふつうに鍋定食を出しているのに

 それで、問題になっているのは鍋定食らしいのだけど、既に吉野家では鍋定食を出していて、そちらが問題になったという話は聞いた事がない。すき家の場合は少ない人数で店を回さなきゃいけないみたいな話もあるのかもしれないけれど、余り混んでないなかで4人ほどいたので、そんなに大変そうにも見えなかった。店舗によるんだろうけれど。

 大変なのはあくまで「仕込み」の工程らしいし、そこで遠慮するのも違うと思うので鍋定食を注文した。今回は牛ちり鍋。すき焼きの比較を吉野家としてもよかったのだけど、せっかくなので違う種類も試したかったのだ。牛ちり鍋は「辛い」という意味のチリではなくて、「たいちり」や「ふぐちり」の「ちり」であり、いわゆる水炊きのことである。650円。牛すき焼き鍋が580円で卵が付いていることを考えると結構割高である。

牛肉の水炊きははじめて

 鶏やタラの水炊きは食べる機会があるけれど、牛肉の水炊きというのは初めて食べた。一応は出汁に浸っているけれど、かなり薄い。それをおろしポン酢で頂く。単体で食べるとかなりさっぱりしていて美味しいんだけど、ご飯が進まない。酸っぱいものでご飯を食べるの苦手なんだよな・・・じゃあ頼むなよって話だけれども。

 うどんも、出汁が薄いし、ポン酢なのでちょっと持て余す。そういえば水炊きの時って基本は日本酒で、ご飯を食べない事が多かった。そんなわけで、ご飯のおかずとしてはちょっと物足りないかもしれないけれど、単体では美味い。まぁ個人的な好みとしては「すき焼き」にしておくべきだったなと。しかし、すき家は『劇場版TIGER&BUNNY ‐The Rising‐』のヒーローのひとりであるロックバイソンのスポンサーになったのに、ブラック的なイメージが付いてまわるというのは何か倒錯感があるなぁと。

ブラックバイト

ブラックバイト

関連記事