太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

朝にブログを書いた方が良い5個の理由とかは特に思いつかないけど

photo by gr33n3gg

朝にブログを書こう

 昨年の12月25日まで「毎朝長文更新」という謎の運営方針があったのだけど、『長文を書くのに飽きたのでしばらく充電します(フラグ) - 太陽がまぶしかったから』を最後に停止していた。密かに行われていた池田仮名『さきっちょ&はあちゅうの恋の悪あが記』敗者引退デスマッチに敗北したからである。ブログなんてものにはやっぱり殆んど価値がないのだ。

 代わりに「夜の僕」に普通の日記を書かせていたのだけど、それはそれで飽きてきたので、大阪湾から「朝の私」を復活させる。なんていうギミックを脳内だけで展開している。


グレート・ニタ復活 - YouTube

朝に更新した方が身体への負担が軽い

 そもそも夜に電子機器を使うなと言われていたのだけど、なんかズルズル復活してしまった。早起きが難しくなって朝の更新をやめていたのだけど、それで宵っ張りになっているのは本末転倒だし、余計に早起きが難しくなる。

夜に更新すると読む側も疲れる

 深夜になるほど読む側のコンディションがよくない可能性が高まるし、単純にスルーする可能性が上がるだろう。それはそれで良いのだけど、ちょっと自家中毒気味になってきた。

飽きたの朝活に切り替える

 一番の理由は飽きたということだ。12月25日に辞めてたので、ちょうど3ヶ月間。ある意味では充電期間が終わったのかもしれないけれど、かといって長文を書く気もあまりなくて、とりあえず日中に書くようにしようかなってことだけ。できるだけ朝のうちに書こうと思う。いわゆる「朝活」である。

 結局のところでライフスタイルの固定化そのものが退屈の源泉なわけで、適当にスタイルを変えていかざるをえないのだと思う。問題は、どうか変えるか、どう帰ってくるのかということである?

関連記事