太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

駐屯兵ははてな村エクソダスの夢を見るか?

photo by Defence Images

物理本を減らす

 部屋を片付けて、実家に本を運ぶ作業。結局は焼け石に水なんじゃないかとも思いつつできるだけ運んでおくに越したことはない。実家に戻って受け入れ体制を作る。物置になっていた部分を断捨離したり、本を捨てたり。

 電子書籍に買い換えられるものは、あまり迷わなくなった。即座に買わないまでも「ほしい物リスト」に入れておけば本棚に入っているのと殆んど変わらない。その時に払う金額は維持費用だと思えばむしろ安いものだ。紙の本も同じように考えられるかもしれないけれど、「絶版」についての可能性はそれなりに考える必要がある。

はてな村エクソダスを試みる

 実家に戻ると暇だなーって思ったりしつつ、久々にブログのデザインをいじっている。「脱はてな村」もそうだけど、そろそろ独自ドメインを取ろうかなとも思う。『ドメイン取得サービスの料金のお支払い - レンタルサーバーはさくらインターネット』を見たら年1800円だし。

 ブログで得た収益は、はてなブログをPROにしたり、書籍やイベント参加費用などに使って、中身に還元させていこうってのがあるので使い先としても悪くない。既にPRO課金をしてるので転送処理などを含めての独自ドメイン対応も簡単にできるからハードルは低いわけだし。SEO対策とかはあんまり考えてなくて、単純に趣味の問題。

保守の大切さ

 肘当ての直しが入った服って確かに絵本の中では貧乏人の象徴みたいに描かれているけれど、現代においてはむしろ贅沢品になっているのかもしれない。大量生産で作りなおしたものを買い直した方が安くて衛生的だというのも分かる一方で一生モノを直し直し使う感覚ってのも大切なんだろうなと思う。

 無理やりつなげると、独自ドメインにもそういう感覚があって、すぐに取り直せるアカウントにリセットするのは、できるけど違うんじゃないかなと個人的には思ってきている所がある。じゃあ実名でやれと言われると、それもまた困る。顕名が顕名のままであるからこそ、その顕名に溜まっていくカルマを素直に受け入れて、補修しながらも使っていけると思うのだ。

関連記事