太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

実家ブロガーになるので家の中で使う寝袋を捨てていった

f:id:bulldra:20140425223606p:plain

引越し作業が終わった

 引越し作業やら手続きやらがあらかた終わった。荷物の運び出しも、クリーニングの査定も終わったし、鍵も返した。僕の部屋には出窓がついていて、それがちょうどテーブル用に使える。がらんとした部屋の出窓で立ちながらノマドワーキングするというのはなかなか頽廃だった。考えてみれば、この部屋に引っ越した当日も机や布団などが届いてないし、まだ電気も通ってなくて、寝袋で寝たり、この出窓でコンピュータを使っていた。

 『寒いのに暖房が壊れているから家の中でも寝袋で寝てるけど、これって家の中でiPhoneを使うのに似てるよね - 太陽がまぶしかったから』やら『MacBook Airを抱えて色々な所でドヤリングしてきた - 太陽がまぶしかったから』やらはこの部屋に住みはじめた時に源流があるのかもしれない。家賃4万円のボロアパートに住むという生活実験をしていたのだけど、「住めば都」というところはあった。もともとキャンプが好きだから、それが毎日できるようなものである。野宿までしたこともしてるわけだしね。

寝袋で寝るのも最後

 実家に積まれるダンボールをなんとかすれば、完全に実家ブロガーとしての平常運行がはじまる。本とスピーカーとMacBook Airに囲まれた生活。水場が遠いので、湿気をあまり気にしなくて良くなるというのは嬉しい。AirMac Time Capsuleはブリッジモードで継続使用することした。ブリッジモードにするとインターネット経由のディスクアクセスはできなくなるようなのだけど、それは仕方ないか。

 物理的な本についてはできるだけ減らしていきたいというか、入らないものは入らない。自身の持ち物を最小限にするのは必須なのであろう。大過なく過ごせばここを終の棲家にするのだろうと思う。家の中で寝袋で寝る機会も、キャンプをする機会も暫くはなさそうなので寝袋は捨てていった。ごめんな。家賃や光熱費のことを考えてなくて良いのは嬉しい。まぁ生活費は入れるんだけど。

あたらしい野宿(上)

あたらしい野宿(上)

関連記事