太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

「ざる蕎麦食べ」や「口内調理」を考えるとスープカレーって伝統的な日本食の系譜なのだと思う

「札幌ドミニカ」の「特選チキンカレーディナーセット」

 今日は都内で買い物をしていたのだけど、帰り道にスープカレー専門店である札幌ドミニカの特選チキン野菜カレーディナーセットを食べた。ここのディナーセットは、1600円で三種類に分かれている。

  1. スープカレーどれでも1品、サラダ、ノンアルコール飲料、デザート
  2. スープカレーどれでも1品、サラダ、アルコール飲料
  3. スープカレーどれでも1品、アルコール飲料×2

 僕が頼んだのは2のサラダとアルコール飲料のセット。せっかくなので赤ワインを頼んだ。スープカレーとワインは良く合うと個人的には思っている。

 スープカレーにもたくさんのバリエーションがあるのだけど、ここで重要なのは「スープカレーどれでも1品」であって、つまり特選チキン野菜カレーを頼むのは必然であろう。初めてなのでスープはスタンダードなものにした、トマトも美味そうだったけどね。

具だくさんのやみつきスープカレー

 辛さは4にして、ちょうど良い塩梅だけど汗が結構でてくる。でもスープカレーは汗をかいてなんぼなのだろうとも思う。煮こまれたチキンはホロホロで、ゴロゴロした野菜もたくさんの種類が入っていて飽きさせない。

 揚げブロッコリーも良いアクセント。ゆで卵も嬉しいし、美味であった。

スープカレーの食べ方論争

 ところで、スープカレーを食べる時にはいくつかの食べ方があるのだけど、僕はスプーンでライスをすくってスープにくぐらす「ざる蕎麦」方式を取っている。カレーを食べる時に蕎麦を食べる作法を取るのが面白い。この作法で重要なのが具材を食べていくタイミングである。スプーンで食べるのはご飯とスープのみであるから、具材とごはんとスープの純粋な一体感は味わえない。これを克服するために「口内調理」を考える必要がある。

 「口内調理」とは日本人独特の食べ方で、ごはんとおかずをわずかな時間差で口の中に入れることで味を組み合わせて味の変化を楽しむという技法である。例えば焼肉や焼き魚や味噌汁において無意識的にそれが行われていることが多い。食べる前の段階から、ごはんとおかずを混ぜてしまうのは二流であって、あくまで時間差で飛び込ませて口内で馴染んでいくことによる「変化」が美味しさの刺激となる。

 これはスープカレーにおいても同様である。つまり、スープを吸ったごはんを口に入れた直後にチキンや野菜も食べることによって、味のトライアングルが完成する。ばっかり食べをしてしまうのは食育の崩壊であって、味のジェットストリームアタックを感じる事が最大限に楽しむポイントである。行儀悪くないもん。日本食の伝統だもん。もともとスープカレーは北海道で考案された料理なのだけど、「ざる蕎麦食べ」や「口内調理」を考えると伝統的な日本食の系譜なのだと思う。

本日のスープカレー 大泉洋

本日のスープカレー 大泉洋