太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

やることはいっぱいあるのに、やりたいことは一つもないなんて

photo by martinak15

やることはいっぱいあるのに、やりたいことは一つもないなんて

 引き続いて風邪で鼻づまりが収まらないのでティッシュの消費量が凄い。ゴールデンウィーク明けでやる気がないのもあいまって仕事の進捗もダメな感じ。またタスクを粛々とこなす日々が続くのだろう。よーく考えなくてもお金は大事だから割り切る。それでも少し自由な時間が欲しいので、しばらくは休日に外出予定をいれないようにする。ここ数ヶ月はちょっと多すぎるぐらいだったし、その辺は意識的に選ばないとダメだろうなんてのは今更の話。あとは行っても次の日に影響がでない範囲で帰るのが大事。すごく大事。

 「やること」ばかりで満たしてしまうと、「やりたいこと」は消えてしまう。見ても意味がないとタカを括られたウィッシュリストはメンテナンスされなくなるし、バッファーリソースも消化される。仕事はもちろんだけど、4月でこれまでの一人暮らし生活を放棄するためのタスクがあって、5月で残タスクの消化と生活サイクルの再構築をするための線表がある。それが風邪とか徹夜とかしてしまうと一気に崩れて残りの難易度が上がるわけで、それがそのまま「やりたいこと」を食いつぶしていっている事に自覚的になろう。

 引っ越しの余波で実家から処分した本をブックオフにもっていったら7,500円にもなった。もちろん最初の取得金額には30倍ぐらい掛かっていそうだけど、そもそも資源ごみに出すか否かって話だったので、この収入は大きい。2日ぐらい早く会社を辞められるんじゃないかとも思う。

「今の自分にとっての尺度」のみを優先しない

 実は普通の腹筋運動はお腹を引っ込める効果が薄くて、意識的に引っ込めるようする時に鍛えられる筋肉のがスリムに見せる時には効果がある。こういう事は結構あって、筋トレ気分でやっている事の先が何もないこともあれば、その逆もある。

 効率厨というのは、あくまで「今の自分にとっての尺度」から見て効率的かという話でしかなくて、尺度がアップデートされなければ意味のない指標を追うことになるし、それには尺度からずれた部分が重要だったりもする。結局のところで、適当なバランスでやるしかないって話ではあるんだけどね。

関連記事