太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

本格的な安飲みをするならジョナサンの焼酎ドリンクバー(490円)を使え

ジョナサンの焼酎 with ドリンクバー(490円)

f:id:bulldra:20140605211543j:plain



てんやの天ぷらは店内で揚げたてが出て、ビールもホールさんが入れてくれたヤツが出てくる。しかも、箸休めにしば漬けが無料で置いてあり、100円台で冷奴や酢の物が頼める。

今まで「飲むお店」という風に考えたこともなかったが、実はてんやこそが優秀な「安飲みのお店」であることを付き止めてしまった。
お酒のバラエティが少ないのが難点だが、ビールと日本酒があり、なおかつ天ぷらは単品から頼める。何より嬉しいのがシメの天丼だ。

 読みましたー。いいですね。天ぷら。僕自身も寂しい大人なので安飲みについて色々と開拓したのを思い出しました。普段はただの定食屋だというのにビール一杯があるだけで店内のものがツマミとして立ち上がってくる瞬間は「逆孤独のグルメ現象」として馴染み深いものです。孤独のグルメのは、「ご飯があればツマミがおかずとして立ち上がってくる」です。ラーメン屋で呑むのはタモリ倶楽部の特集になったぐらいですし、深夜の吉野家で牛皿と冷酒をキメるのも悪くありません。

ジョナサンで無限酎ハイを作れ

 その中でも好きなのはジョナサンの焼酎 with ドリンクバーです。490円で180mlの麦焼酎と言われると割高に感じてしまいますが、390円相当のドリンクバーが無料になります。つまり炭酸水もハーブティーもカルピスもエスプレッソまで使い放題。そうなってくると「全てのドリンクがカクテルの素材として立ち上がってくる」瞬間が味わえます。孤独のグルメでもこんなのなかった。

 カルピス+オレンジジュース+焼酎とか、童心に帰ってオリジナルカクテルを作りましょう。酔って来ると適当になってやばいものができてしまう事もありますが、アルコールが入っているのでダイジョウブデス。180mlからは酎ハイ3杯分ぐらい生成できますし、その気になれば無限です。爪楊枝を無限に微分すれば百科事典だって格納できる。

 おつまみも250円で結構よいものがあります。これらを2品頼んで焼酎 with ドリンクバーを頼めば1000円ちょっとで捗ります。

 特に二次会として使うのがオススメですね。24時間営業でドリンクバーが残るので終電を逃してもコーヒーでも飲みながら夜通し語れるといういたれりつくせりなサービス。話が盛り上がりすぎた時に「今夜は帰りたくない!」が安く健全にできます。そんなわけで、本格的な安飲みがしたいのならジョナサンの「焼酎 with ドリンクバー(490円)」を試してみるとよいのではないでしょうか。

The 3名様 1 (ビッグコミックススペシャル)

The 3名様 1 (ビッグコミックススペシャル)

かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)

かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)

関連記事