太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

丁寧に選んだ故にエッジにいるのではなく、拘って選んでないが故にマイナーなものも知っているに過ぎない

photo by ♔ Georgie R

停滞

 金曜日。今週は早かったような、そうでもないような。どちらにせよ仕事が忙しくてまともな事はできていないし、読書も勉強も『モンスターハンター4』も進んでいない。停滞。

マジック:ザ・ギャザリング 【英語】 【アルファ】 停滞/Stasis

 ある作品には主観的な新しさと、客観的な新しさがある。いくつかの古典やオールディーズ音楽はしばしば主観的な新しさを提供することもあるのだけど、やはり「古さ」を感じる事が多い。画面が荒いとかそういう事だけではなくて既視感。

拘ってないだけ

 僕は、あまり古典的な名作を嗜んでないのだけど、それはサブカルにありがちな「メジャー作品にハマれなかった」のではなく、そもそも摂取していないだけである。何かをすれば、何かが出来なくなる。ましてや人生において停滞のが多かった。

 よく「守備範囲が分からない」と言われるのは、その辺りが影響しているのだろう。丁寧に選んだ故にエッジにいるのではなく、拘って選んでないが故にマイナーなものも知っているに過ぎない。そもそもが「偏り」を切り取って見せているのに、全体がそうだと思うのは短絡である。系譜学的に詳しいものはひとつもない。他の人はわからないけれど、僕はそうだ。

 ところでヘーゲルは、弁証法のなかで「アウフヘーベン」という概念を提出している。

古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが全面的に捨て去られるのでなく、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持される。

止揚 - Wikipedia

 この概念をあてはめると、しばしばマイナーになってしまう派生作品にも系譜学的に源流となるメジャー作品の中の「積極的な要素」が含まれていると考えることができる。実際、過去作品の引用の羅列のような本や映画やアニメなども多いわけだし、主張や物語の構造やSF的アイディアにも大きな違いはない。むしろ迂遠になりがちな源流作品よりも骨子を抜き出すのが楽だといえなくもない。主観的に順序が逆になれば、源流側の作品にこそ「古さ」を感じるし、理解するのも楽になる。

積極的な要素の保存

 つまり「積極的な要素はどうせ保存されているのだから、新しいものだけを摂取してればよい」という暴論もあり得る。こういう事を書くと、本当に良いものを知らないままなんてとか言われるのだろうけれど、名作を効率よく摂取するためのリストをメンテナンスし続けたり、買っただけで満足しているよりはいくらかマシだろうという思いもある。

 そんな「禁煙パイポ」のような話をすると両方から叩かれるのだけど、堕落した人間としては、なんだか古典的な名作を全部読めって考えるのも疲れてしまう。そんな事を次の『Skype読書会を開催して難しい本を理解できるようにしよう - 太陽がまぶしかったから』の題材である『ドグラ・マグラ』を読んでいて思った。

ドグラ・マグラ (まんがで読破)

ドグラ・マグラ (まんがで読破)

関連記事