太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

山を登って海を泳ぐ最高の夏でデジタルデトックスしようや

今週のお題「海か? 山か?」

 かつてはワンダーフォーゲル同好会として、高尾山〜陣馬山や丹沢大山などの険しくない山を適当に歩くのが好きだった。独りで登るのも、複数人で喋りながら登るのも良い。体力増強やダイエットになるし、吊り橋効果やアピールチャンスもたぶん多い。山男には惚れるなよ。それらはともかくとしても、近年ではデジタルデトックスとしての効果が大きいと思う。

 「デジタルデトックス」とは、「デトックス=解毒」の言葉が示すとおり、ネットやスマホといったデジタル環境の持つ負の側面から「少し離れる習慣」を取り入れようというものです。

 解毒といっても、ネットやデジタル危機をすべて捨てて、世俗離れした仙人のような生活をすすめるものではありません。ネットによって生まれる「ムダな時間」や「面倒な人間関係」を整理し、デジタルライフを快適に過ごすための、いわば「情報のお片付け」のようなものと考えてください。

デジタルデトックスのすすめ  「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

 デジタルデトックスをしたいと思っても、会社や自宅で即座にするのは結構難しい。スマートフォンもコンピュータもひたすら通知・通知・通知だし、スマートフォンでリアルタイムアクセス数を眺める習慣が出来てしまったところはある。最近になってGoogle Analyticsの公式iPhoneアプリも出たのでさらに捗る。

Google Analytics

Google Analytics

  • Google, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

 そんな感じなので、スマートフォンから物理的に離れる時間を意識的に作って、「常に見なくても大丈夫」という状態に慣れる事が必要なのだろう。ブログやSNSは所詮「おやつ」なのに、そればかりを食べていても仕方がない。

最高の夏にしようや

 最近は山の中でも携帯の電波が結構繋がってしまうのだけど、歩きスマホをしながら登ってたら普通に死ぬ可能性があるし、身体が悲鳴をあげはじめたら通知も気にならない。ましてや目の前に雄大な自然があるというのに小さな画面を見続ける必要性はない。

ワンダーフォーゲル

ワンダーフォーゲル

  • くるり
  • Rock
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 でも、デジタルデトックスに特化するなら海の方が良い気がしてきた。iPhoneは水滴に弱いからずっと鞄の中に入れているし、塩気があるから防水仕様のスマートフォンでも辛いだろう。ましてや目の前に水着の女性がいるというのに小さな画面を見続ける必要性はない。

 そもそも最近は忙しいし、飽きたので頻繁にSNSやネトヲチに使うという事がないのだけど、それでも10年前に比べたら明らかにスマートフォンを眺めている時間は多くなったし、インスタントに色々と満たせる側面もある。そんな中でも敢えてデジタル機器から「少し離れる習慣」を作るのは「リアルを大切にする」という事であり、それは「大切にしたいリアル」と相補完関係にあるのだと思う。最高の夏にしようや。

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方