太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

夏祭りの日中は歩きコンビニチューハイで脳みそ縛りの徘徊をする

f:id:bulldra:20150801185223j:plain

カーニヴァルの日

 今日は各地でお祭りらしく、街を歩いていたら浴衣姿のリア充カップルが闊歩していたり、祭りのアナウンスや露店などが目立っていた。未だに水につけた缶ビールが500円とか、馬鹿なの死ぬの? 近くにコンビニがあって、プレミアムビールですら250円で買える現実。

 そういう意味では露店には弁当屋におけるスペシャル弁当の効果があって、つまりコンビニチューハイですら相対的に安く感じさせるマジックが働く。オフライン購買履歴とクロスさせたアトリビューション分析っての本来的にはそういう所に潜んでいるのだろうけれど、エビデンスがないので計測が難しい。祭り(=カーニヴァル)には名目経済とは別の価値体系が成立しえるのだろう。

カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)

カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)

ギルティフリー感覚を求めている

f:id:bulldra:20150801185221j:plain

 ともかく、僕は祭りの日だという言い訳がたつのであれば、そのギルティフリー感を逃さずに、酒を買う。酒が呑める、呑めるぞ、酒が呑めるぞ。

昨今の消費行動には主観的な「ギルティフリー感覚」が求められていて、フェアトレードなど経済に貢献している「気分」であったり、身体に良いとか、丁寧だとか、エコだとかの「気分」そのものが実態的な効用よりも重視されるのではないかと考えている。

 コンビニでは氷点下をうたったアサヒスペシャルコールドビアを推してていたけれど、あえてのチューハイを探す。こういう時って変にプレミアムじゃない方がうまいというか、駄菓子感覚が重要なのだ。

f:id:bulldra:20150801185220j:plain

 STRONG ZEROの冷凍みかん。みかんは好きだし、コンビニで出会った「限定」に弱いのは相変わらず。

 考えてみれば、いまどき殆んどの清涼飲料水はペットボトルなわけで、このご時世で缶を持ち歩いている人はアルコールなり、レッドブルなり、コーヒーなりと「ワケアリ」なんじゃないかと思わせる効果がある。

脳みそ縛りの徘徊

 もはや気温のせいなのか、酒のせいなのかわからないけれど吹き出す汗。ぜったいに身体によくはないんだけどお祭りの日ぐらいはしょうがない。ニコニコ動画において、酒をのみながらRPGなどをプレイして全然ちゃんと進めないってのを配信する「脳みそ縛り動画」が面白いのだけど、安いチューハイをのみながら徘徊してればリアルに脳みそ縛りがおこる。

 いつのまにか知らない区に迷い込んで帰り道がわかんなくなる日常。そんな時に限ってiPhoneの電池が切れてしまう。脳みそ縛りのリアル徘徊をしながら、道中にあった地図を見ながら家に帰還する。本来は山の中で野性的な感性を養うオリエンテーションが街中でできてつるセコーって塩梅。ともかく、夏祭りの日中には歩きコンビニチューハイで徘徊するのが楽しいのだ。

酒のほそ道 1 (ニチブンコミックス)

酒のほそ道 1 (ニチブンコミックス)