太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

夕飯をたべそこねた深夜の帰り道には歩きおでん

f:id:bulldra:20160128082220j:plain

夕飯をたべそこねた帰り道のソリューション

 夕飯をたべそこねた深夜の帰り道は人を我が儘にする。腹が減っているからすぐに何かを口にしたい。寒いから温まりたい。明日の事を考えると重いものはたべたくない。一刻も早く家に着いて風呂入って寝たい。相反する様々な欲望に対する答えのひとつが、歩きおでんである。

 歩きおでんとはその名の通り直近のコンビニでおでんを購入して歩きながら家に帰る。温かく、満足感があり、カロリーは控えめ、帰り道を歩きながら食べることでレスポンスタイムとトータルタイムの双方が短縮される。

おでんのプライシング

 つくね、がんもどき、ちくわぶ。汁が染みて満足感もあるものを選んでしまう。汁もたっぷり入れてもらう。からしをたっぷり塗ったちくわぶは最高に美味いと思うのだけど、他の人には不評なことが多い。卵や大根は家おでんで沢山食べられるので、コンビニで買うことは少ない。

 おでんには、家・コンビニ・店という段階があって、同じタネでも値段が違いすぎるのだけど、それはそれ。

「食べ歩き」と「歩き食べ」

 「食べ歩き」というと、色々な場所に行って食べることを想起するが、「歩き食べ」というと歩きながら食べることを想起する。食べ歩きは時間がないとできないが、歩き食べは時間がないからこそできること。

ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 『ベン・トー』において魔道士こと金城優は歩きながら半額弁当を食べているが、弁当を食べながらあるくのはハードルが高い。せいぜいおにぎりやパンばかりを食べていたのだけど、汁が飲めて比較的低糖質なおでんという選択肢もよいなと。

やせたいならコンビニでおでんを買いなさい

やせたいならコンビニでおでんを買いなさい