読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Q.あなたが一番影響を受けた本はなんですか? A.銀行の預金通帳

一問一答 一問一答-池田仮名への質問

Tesco Cash machine

生活が雑になっていく昨今

 独り者に戻ってから仕事が忙しくなったり、人と会う機会が減っていくと、お金はあんまり使わないけど生活の諸々が雑になる。

 宅飲みともなれば汚いキッチンで調理をするわけにもいかないし、トイレやシャワーを貸すこともあるだろう。部屋そのものを掃除しておくのはもちろんとして、水回りまで綺麗にしておかないと気まずいし、会自体が壊れてしまう。『年収100万円の豊かな節約生活』でも、ホームパーティを定期開催する話があるのだけど、ついつい崩れてしまう自分を律する効果が大きい。

 部屋については結構綺麗にしているのだけど、どこかに出かけたりしようと思えずに仮眠をとったり、だらだらと動画を見ているだけで週末が終わってしまう。休日のうちに対応すべきタスクも常習化しつつあるし、きっちりとした社会人を擬態し続けることに疲れた。

自己肯定感や成長力の残高を目減りさせないのが正解なのか

 それらは面白い仕事を任せてもらっている代償のようなものであるし、色々な理不尽に慣れてくると結果として気楽な稼業ではある。給料もそこそこだし、お金をあんまり使わない。労働後のビールと串カツは美味い。

 逆に「こんなに幸せなのは運だけであっていつか壊れるんじゃないか」というタイプの自己肯定感の低さもあります。こちらは現在の状態への寄与者を自身の外側に求めるという意味で「自負心」が弱くて、「壊れる=現在は壊れていない」なので現状を肯定する自尊心が強いと解釈できます。一方で「根拠のない自尊心はよくない」というメタ認知として、この自尊心は分不相応に強いのではないという不安を抱き、今後弱くなるかもしれないという不安が結果として自己肯定感を低くします。

 自分のポテンシャルに対して背負っていた分不相応な自負心が溶けてから生きやすくはなったのだけど、「今の自分にはまぁ上出来じゃないか」という感覚に満たされてしまうと、そこから先にいくための自己肯定感や成長力の残高がどんどん目減りしていく。

バーナード・ショウ曰く

 だから「厳しくしよう」というのは分かりやすい答えなのだけど、本当にそうなのか?とも思う。現状が本当にどうしようもないとか、まだまだ上がっていく余地が大きいなら別なのだけど、預金残高は目減りしていないし、圧倒的成長を目指すのはちょっとむずかしい。バーナード・ショウ曰く。

A「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」
B「銀行の預金通帳だよ」

 自分の婚活戦闘力が定量化できない中でも信じられる客観的な指標は預金通帳の残高だけなのかもしれない。自己肯定感や成長力の残高を切り崩して今日も生きる。

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

このブログではご質問・ご相談を募集しております