読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ブログからの収益全額を突っ込んで気絶するブログファンドを設立する

Emergency Fund

ブログからの収入に依存したくない

 ブログ運営を2年近く続けていると、ちょっとした広告収入や有償の記事寄稿などに恵まれることもあってありがたいのだけど、それを生活設計の前提に組み込んでいる自分に気付いて怖くなった。毎月◯万円の貯金ができればOKという基準を考える時に、本来であれば「変動ボーナス」と捉えるべきお金が「丁寧なくらし(笑)」を実現するための生活費として定常的な支出の増大に繋がっている。

 もともと「悪銭身につけず」というか、ギャンブル性が比較的高いところから得た「あぶく銭」は一気に使って忘れる方がよいと考えるタイプなのだけど、最近はバズらしいバズがなくなったり、定期的なお仕事を頂けていて、良くも悪くも上下変動が少なくなって油断しがち。だけど「激減するかも?」というリスクは常に付きまとうし、定常的にあげてしまった固定費を下げるのは難しいので、そうなったら財務環境が一気に悪化する。

アドセンスやAmazonアフィリエイトに一喜一憂するのが虚しい

 その辺について、去年まではストイックに考えていたはずなのだけど、なんちゃってフリーランス=無職期間からの就職活動や転居などを契機にブログから収入をアテにしたり、転居費用が当座資金から足りなくなって定期預金を解約したりと崩れていった。

 この頃は事情が事情だったとも思うのだけど、いまは普通に会社員をしているのに当時の意識が残ったままというのも残念だし、アドセンスやAmazonの画面を毎日のように眺めて一喜一憂するのも生産性が皆無で虚しくなりがち。

口座を分けて投資信託にぶっこむブログファンド

 「じゃあ、ブログから得た収入で浪費するのか?」と言われても、それはそれで面倒だし、毎月やっていたら固定費のようなものだ。なのでブログ収入用の口座を別に用意して、月締めでブログから得た収入の全額を投資信託に突っ込んで忘れることにした。入出金はマネーフォーワードに自動記録させて月締めの金額以外は意識しないようにする。口座を分けることで確定申告が楽になるという効果も期待できる。

 実は気絶投資してたはずの株もアベノミクス効果であぶく銭化していて、これも比較的安定している投資信託に突っ込んで忘れることにする。「池田気絶ファンド」の設立なのですが、このファンドでは公社債などのインカムゲインによる定常的な分配金が見込める投資信託を中心にポートフォリオを組んでみる。

 純粋な資産額を増やすためには信託報酬が少なくて分配金が発生しないインデックスファンドを選ぶのが常道なのだけど、それはそれでキャピタルゲイン(価格差による収益)が気になって気絶しにくいし、定期的にメインバンクに振り込まれる分配金のような楽しみがないとストイックになりきれない。禁煙時における電子タバコのようなものだ。

あぶく銭を定常収益にロンダリング

 安定的な投資信託商品を利用するので、元本が大幅に目減りする可能性はブログよりも少ないし、今後のブログ収入をドルコスト運用的(価格変動する商品を同じ金額で長期間に分けて購入することで価格変動のリスクを減らす)に積立てていくので、そこで発生する分配金は安定的な収益とみなしてよいだろう。つまるところで、変動幅の大きいブログからのフロー収入をいったんストック資産に変換し、平準化されたインカムゲインにロンダリングするスキームを作るということだ。

 もっとアクティブにやれば最適化できることも多いのですが、全体からすればコップの中の嵐である。5%の中の出来事に20%のグロースハックを施したところで5.94%に過ぎないわけで、自身の認知コストをもっと回すべきことは他にある。かといって認知資源の消費をゼロにしてザル化するのも残念なので「いったんはなかったこと」にしつつ着実に発生金額が振り込まれていくようにしたい。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)