太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

過去に配布したブログパーツが原因でGoogleからペンギンアップデートによるSEOペナルティを受ける可能性について

Googleからのペナルティへの対応

 以前に配布していたブログパーツ用のスクリプトに対して、このブログへのクレジットリンクを付けていたのですが、それが原因でペナルティを受けている可能性があるとして、ご連絡を取らせて頂いているのですが、「クレジットリンクにはnofollowをつけていたのに……?」という話がありました。

 ちなみに「ペナルティ」と判断しているのは徐々に下がるというレベルではなく、唐突に検索表示数が10分の1程度になり、検索流入数がほぼ0になったことからです。また使用者側ブログへの影響ではなく、配布者側ブログの問題です。

 それで、調査をしていると「はてなブログにトラックバック機能を拡張するウィジット - 太陽がまぶしかったから」のクレジットリンクに「rel="nofollow"」がついてないソースコードを利用しているブログがいくつかある事が判明しました。これはアカン。

f:id:bulldra:20141109102224j:plain

 当時は再配布や改造版の配布を自由にしてよい事にしており、こちらとしてもソースコードの変更管理をする以前のもので正確な経緯は定かではありません。

 僕自身が誤って 「nofollow」がついてない状態のソースを公開していた時期が存在したり、「 クレジットリンクだけを変更するのはやめてほしい」と手動修正をお願いした時に消えたといった可能性が考えられます。

意図せぬブラックハットSEO

 理由はさておき、利用者ブログの全ページから「rel="nofollow"」のついていないリンクを自動生成するというブラックハットSEOをしていた事になりますので、ペナルティも仕方なしと言えそうです。こういう時にソースコード自体を配布してブログに設置してもらう方式を採用していると修正が本当に難しい事になります。

 WMTの被リンクから調査して連絡させて頂いているのですが、既に更新が途絶えているところもあるし、反応してもらえない事もあります。修正頂くのにも手間をかけて頂いて申し訳ない現状です。最悪はリンク否認や運営への連絡をやっていくしかないのですが、まだまだ時間が掛かりそうです。「rel="nofollow"」の有無に限らずクレジットリンクについては修正をお願いしていますが、ついてないものは最優先で対応する必要があります。

今後の対応について

 このブログのコンテンツを http://bulldra.hatenablog.com に戻したのも、http://www.ikedakana.com に対してのネガティブリンクを断ち切る意図があったのですが、http://bulldra.hatenablog.com への「rel="nofollow"」なしリンクも見つかってしまい、これをなんとかしないとペナルティが解除できないという事がわかりました。本当に申し訳ないのですが、ご対応をお願いしていきます。大変な道ですが、光は見えてきた気がします。

 今後に作成するスクリプトについては『はてなブログでGoogleにパンくずリストを認識させるブログパーツ - 太陽がまぶしかったから』などに書いてある通り、ソースコードはgithubで一元管理して、利用ブログ側からは呼び出すのみとさせて頂きますし、一部スクリプトについては検索エンジンからのブロックを設定しています。

ネガティブSEOって簡単なのかも

 しかし、これが本当なら悪意をもってスクリプトを改造しても意図したサイトにペナルティを食らわせる事ができるということにもなります。もともと『Googleがペンギンアップデートを更新しないのはネガティブSEOを恐れるから? | 海外SEO情報ブログ』という話はあって、「ペンギンアップデート 3.0 になれば改善するかも」と考えていたのですが結果は推して知るべしです。リンク削除を本格的にやっていくしかないのでしょう。

特に、リンクを削除しなければならないサイトのオーナー側にとって、とりわけ面倒である。Googleが、内部でフラグを立てたリンクを無視してくれれば、それで済む話であった。しかし、質が悪いと思ったリンクを削除するよう、たちの悪い「提案」を行ったため、ウェブマスターはフラストレーションを抱えるようになった。

 もちろん「自演リンクをやめろ」という意図はわかるのですが、特に警告や理由を与えずに突然検索エンジンの結果から消えてしまうと、理由の仮説を立てて実験していかないといけなくなるため、余計な修正を加えてしまう事にもなりますし、他者の実行した自動生成リンクを「無視」ではなく「ダメージ」に変えると悪用も考えられてしまいます。そういうスクリプトを配布していたのが悪いと言ってしまえばそうなのですが、もう少し…こう…何と言うか…手心と言うか…。

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫