読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Kindleヘビーユーザーの唐突な本棚晒し祭りで「中途半端な本」を晒す

読書 読書-Kindle

唐突な本棚晒し祭り

 祭りに便乗して晒してみる。最近はKindleでばかり買っているし、物理本は結構手放したので、それでも本棚に残っている書籍は少し特殊な位置付けにある。道重さゆみ様の写真集とか。

春樹棚

過去のバックボーン

ダダ

アフィリエイトとか 

京極棚

アウターゾーンは名作

同人誌など

まとめ

 本棚を晒すのは恥ずかしい一方で、実際にはKindleで1,500冊、Sony Readerで1,000冊ほど持っているので「極一部」という感覚もある。漫画本が少ないのはそのためである。かつて吉本隆明が、「名作は必要になってもすぐに買い直せるから手放すし、良い値で売れる本も売却してしまうから、自分の本棚に残るのは中途半端な本ばかり」といったようなことを書いていて、その感覚はなんとなく分かる。

 電子書籍で買い直したり、自炊したりして常に参照できるようにしたわけでもないし、かといって手放すのにはおしい本達が自分の物理本棚を形作っている。もちろん読めていない本もたくさんあって、今後も読まれることがないのだろうけれど、オブジェとしての価値を認めている。電子書籍が浸透すると本棚にはより「中途半端な本」が残っていくのだろうけれど、それこそが自分の嗜好なのかもしれない。