太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

はてなブックマークのスパム判定アルゴリズムの改訂と環境管理型権力

f:id:bulldra:20150926100954j:plain

スパムブックマークの判定アルゴリズムが改訂

 はてなブックマーク開発ブログにてスパムブックマーク判定アルゴリズムの改訂がアナウンスされた。

  • 休日などに、人気エントリーの表示数が減少する問題を改善しました
  • iOS・Android版アプリにおいて、人気エントリーと新着エントリーの重複をなくしました
  • トップページや人気エントリー内で重複しているエントリーについて、特定のフォーマット(まとめ記事など)において重複判定の精度を改善しました
  • R15向けコンテンツの判定精度を改善しました
  • スパムブックマークの判定精度を改善しました

 スパムブックマークに判定される明確な基準はアナウンスされていないし、なんとなく動作を観察した結果を公開するのも公益に反するので控えるけれど、今後も返報的なブクマや業者的なブクマのスコアを下げる流れが強化されていくものと思われる。トピックス絡みの汚染も対策してほしいよね。

第三者の倫理の外側にある権力

 身内ブクマや互助会的なものについて、自然発生的なものである限りは否定的に捉える必要はないと思っているし、第三者が倫理に訴えるのは余計なお世話だ。

 なので「スパム扱いされるからやめよう」と自粛を呼びかけるのはちょっと違うんじゃないの?って思うわけです。「知り合い同士はブクマしやすいよね」っていう性善説をカマトトぶりながらも信じていたのに「新着に載らなくなるから止めよう」と明言されると、やっぱりそっち目当てだったのか……とも思えてしまいます。

 だけど、小学生でも分かるようなアルゴリズムとポジティブなフィードバックがセットになると猿のようにボタンを何度も押したくなる人や、副作用そのものを求める人々を止められないとも考えている。要するに言えば、システムに最適化するための努力が報われすぎることで、人間側の行動が規定される現状にあるのだ。

環境管理型権力に行動を束縛される僕ら

 「Google Adsenseのガイドラインの影響でブロゴスフィアにシモネタが減った」という冗談が言われているのだけど、そういう側面も確かにある。過去のテキストサイトには、おもしろAVレビューや、小学生レベルのシモネタが頻発していたし、現代においても広告停止の縛りがなければ書いていた人がもっといるものと思われる。

 ネット社会においては人間同士の倫理的な取り決めよりも、システムのフィードバックによって行動が影響されやすい。アーキテクチャ設計やアルゴリズムなどによって形作られるシステム環境そのものが事実上の権力者となることを「環境管理型権力」という。

 ブックマークしあうために交流しましょうみたいな本末転倒論がでてきたり、書きたいことよりもSEOやバズを優先するというのは、まさにシステム環境への「最適化」によって人間の行動が束縛されている例だろう。

システム環境に最適化する努力が報われすぎないシステム環境

 縛りプレイそのものが悪いわけじゃないし、目的は人それぞれだけど、システム環境そのものに人間性を奪われるのも残念だし、はてなブックマークの仕組みを偏らせる原因にもなっている。過去のGoogleもその状況だったが、アルゴリズムのさらなる複雑化を行うことで人間側に諦観を植え付ける一定の成果を挙げた。

 そういう意味では、どんどんアルゴリズムをブラックボックス化していくことでオーガニックな反応に平準化してほしいと思う。はてなブックマークマークも10週年。そろそろ人間側がシステム環境に最適化するための努力が報われすぎないアーキテクチャが求められるんじゃないかなと。

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)