太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

見た目はスイーツなのに中身はピリ辛な「酒彩蕎麦初代」のクリームカレーうどんが日本酒の〆に効く

f:id:bulldra:20160807224037j:plain

Google Mapに表示される初代クリームうどんとは!?

 うどんと言えば安価な讃岐うどんをイメージしてしまいがちですが、しっかりとしたカレーうどんには特別感があります。呑んだ後のカレーうどんの美味しさは、豚骨ラーメンを超えるやもしれません。

f:id:bulldra:20150918074658j:plain

 「酒彩蕎麦初代」との出会いはGoogle Mapに表示された「初代クリームうどん」という言葉。クリームうどん界にも「元祖クリームうどん」vs「本家クリームうどん」などいった起源論争があるのかと思いながら来訪したら、店名が「初代」でした。

板わさと6種の塩で頂く白魚の天麩羅でうどん前を堪能

f:id:bulldra:20150918072806j:plain

 クリームうどんがイチ推しメニューになっていますが、「酒彩蕎麦初代」の店名通り、基本的にはお酒が呑めるお洒落な蕎麦屋です。恵比寿駅近くで朝4時まで営業しており、深夜であっても客足が途絶えることはありません。

f:id:bulldra:20160807224041j:plain

 カウンターに座るなり蕎麦前ならぬ「うどん前」に板わさと日本酒を注文します。カウンター席があるのがおひとり様にはうれしいですね。板わさはおかめそばの材料をアテにしたのが由来と言われる伝統的なメニューです。蕎麦屋の初手でビールとカマボコを頼むのは「ボコビー」と呼ばれますが、個人的には蕎麦屋に入ったら日本酒を頼みたいところ。全国から選りすぐりの地酒から注文すると竹のお銚子に入って提供されます。

f:id:bulldra:20160807224046j:plain

 鮫肌でおろしたたっぷりの山葵を蒲鉾に乗せるとお酒が進んでしまいます。もちろん良い蒲鉾を使ってるのでしょうが、板わさとは山葵と醤油を心置きなく楽しむためのツマミだと思います。刺し身の主役はあくまで魚本体になりますが、蒲鉾は山葵を引き立てる脇役の分を弁えていると言えましょう。

f:id:bulldra:20160807224036j:plain

 人気メニューの白魚揚げです。揚げたてのサクサクで塩が甘味を引き立てます。

f:id:bulldra:20160807232542j:plain

 酒彩蕎麦初代にはなんと六種類の塩があって、これらの組み合わせで味の変化を愉しむことができます。

  • 大島
  • 広島(藻塩)
  • 沖縄
  • 新潟
  • フランス
  • パキスタン

 塩だけをアテにしてお銚子をもう一本頼むのもOKです。「素材の味を楽しむ」というキャッチコピーがありますが、蕎麦屋の場合はむしろ逆で、「山葵を味わう板わさ」「塩を味わう白魚揚げ」「焼き蕎麦味噌」といった調味料をちびちび味わいながら日本酒を嗜むのが楽しいです。

とろとろスイーツみたいなカレーうどん

 良い塩梅になってきたので〆のクリームうどんを注文しておきます。麺が茹で上がるまでの待ち時間をまったりと過ごせるのが、蕎麦屋呑みの醍醐味ですね。

f:id:bulldra:20160807224037j:plain

 これが通称クリームうどん(正式名称は「初代のカレーうどん」)です。その正体はじゃがいもマッシュポテトに生クリームを加えたムース。驚きの白さです。

f:id:bulldra:20160807224039j:plain

 すこしだけ残しておいた白魚の天麩羅を揚げ玉のように活用できます。白いムースの下側にあるスープはホワイトカレーではなく、出汁でとかれた黄色いカレー。スイーツな見た目に反してちょっとピリ辛の力強い味です。クリーム・出汁・カレー・うどんが絡みあって、日本酒で酔った身体に心地よく響きます。クリームカレーうどんも調味料を味わうための一品なのかもしれませんね。

 アテと日本酒をゆっくりと味わいながら、〆のクリームカレーうどんを持つ時間の豊かさ。すこし疲れた夜は「酒彩蕎麦初代」で心も身体も癒やせます。