読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

豪商が莫大な私財と50年の歳月をかけて造成した高崎洞窟観音に感じる狂気

f:id:bulldra:20151007071239j:plain

群馬観光と言えば洞窟観音と推される

 グンマーの廃墟を超えると洞窟観音がある。洞窟観音は群馬出身の呉服商である山田徳蔵氏が私財を投じながら50年間の工事によって完成した。つるはしやスコップなどを使って山を掘り進め、溶岩石を運び入れて洞窟を作り出し、楽山という石彫氏が生涯かけて掘り続けた33体の観音像が安置されているという。

f:id:bulldra:20151007071238j:plain

 受付にいた人に話しかけられて、白衣観音帰りであることを告げると「白衣観音なんかより洞窟観音の方が見どころが多いから」と推される。入り口からして溶岩石。

生涯をかけ続けた狂気

f:id:bulldra:20151007071239j:plain

 厳かな雰囲気

f:id:bulldra:20151007071240j:plain

 洞窟を掘り続けた時に出てきた御影石を使っている。生涯をかけて掘り続けたことから、奥に入るほどに作品に円熟味が増すという仕掛け。二人の生涯をかけ続けた狂気を感じる。

f:id:bulldra:20151007071243j:plain

 坑道は400メートルほどだけど洞窟を進んでいくごとに様々な観音像が安置された小部屋があるため、すべてを拝観するのはかなりの時間がかかる。滝や渓流を岩によって表現した背景が多い。

f:id:bulldra:20151007071244j:plain

 提灯の僅かなあかりに浮かび上がる観音像と瀑布。


洞窟観音 徳明園 山徳記念館 - YouTube

 これが一朝一夕で出来ることではないのは明白であり、生涯をかけ続けた狂気のようなものを感じる。

洞窟観音物語 鳥屋(とや)に鳴る鐘

洞窟観音物語 鳥屋(とや)に鳴る鐘

群馬・伊香保温泉湯けむりの旅