太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自撮り棒はもう古い! 無人でワイヤレスで自在なカメラワークの自撮りドローンが Youtuber に流行りそう

photo by Trotaparamos

ドローンの新しい使い道

 ここの所、ドローン(無人飛行機)について様々な用途が提案されているのだけど、「自撮り(セルフィー)」にも使えそうという話があった。自撮り棒(セルカ棒)が一部で流行っていたけれど、人混みで長い棒を振り回したりと残念な感じがする。

 これを解決する手段として、小型の自撮りドローンが使えるのではないかと提案がなされている。『ELF』は自撮り専用の小型ドローンでクラウドファンディングで資金を調達している。「セルフフォト」が語源「セルフィー」に対抗して「ドルフィー」というネーミングはどうかとも思うけど。

ドローンは無人でワイヤレス

 「自撮り棒」と「自撮りドローン」の違いを考えた時に、一番大きいのは「ワイヤレス(バーレス?)」にあるのではないかと改めて感じた。マイクがワイヤードだったころはパフォーマンス中に絡まったりぶつかったりがあったし、歌いながら踊れるダンスには制限があったのだけど、ワイヤレスマイクになってから自由に踊れるようになったとも言われている。

 将来的には画面認識機能と空中制動をうまくつかって、指定した角度の絵になるように位置を自動調整するなどといった展開も考えられるだろう。ハードウェアそのものも安価であるし、物理的な固定をしなくても、三脚やカメラマンの代わりになってくれるというのは夢がある。動画として舐める絵になるように飛ぶといった指定ができるようになれば低予算映画や Youtuber などにも活用できる。

これがほんとの「自鳥」って、やかましいわ!

 ドローンを偵察や宅配に使ったりするのは良く聞くけれど、エンターティメントのために「自分で自分を撮る」という用途もありえるのだなと。特に Youtuber が固定カメラの前でやってる事はウエアブルカメラやドローンカメラを利用した「動きのある絵」というか「テレビっぽいカメラワーク」に置き換わっていくことだろう。

 そう考えると、「おひとり様」で再現出来る範囲を増やす機械として「自撮りドローン」の可能性も結構あるなと。そもそもガジェットやIT機器はチームじゃないと不可能な事を一人でもできるようにしてきた側面があるのだけど「カメラマン」まで代役できるようになるとアツい。そんな「自鳥」を飼ってみたい。

無人暗殺機 ドローンの誕生

無人暗殺機 ドローンの誕生

関連記事