読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Q.嘘が下手なのに嘘つきな彼との遠距離恋愛はどうですか? A.心変わりへの過剰な安心や不安がリスク分散を引き起こします

一問一答-恋愛相談 一問一答

photo by Moyan_Brenn

質疑応答(ask.fmより)

12,000キロの遠距離恋愛も、もう4年目に入ります。 早朝から夜遅くまで肉体労働の彼は、仕事が終わるとほぼ毎日電話をくれて、小一時間ほど話します。 夏の暑い日も、冬の寒い日もずっと変わらない日常。 結構マメなそんな彼なのですが、謎が多いのです。 私からの電話に出たことがありません。 夜はその電話の後、LINEでのやり取りになります。 携帯を触っていることが明らかなオンラインゲームでの、オンラインにも関わらず、昼間であろうと出たことがありません。 嘘が下手なのに嘘つきです。 休みなのに仕事だと言ってみたり… イベント毎のプレゼントが、私からのプレゼントの約4分の1ぐらいの金額です。

 ご質問ありがとうございます。『列島縦断 鉄道12000キロの旅』によると、北海道の稚内駅から佐賀県の肥前山口駅までの最長片道切符が12,000kmのようです。直線距離だと北海道と沖縄の間が2,500kmほどですから、随分と曲がりくねっているのでしょうね。

機会費用の割り当て先

 電話に出られない件については、直接聞かない限り分からないと思います。職場での私用電話が禁止なのかもしれませんし、集中を乱されたくないのかもしれません。真相はわかりませんが、少し妄想をしてみると、彼にとって質問者様に割り当て可能なコストが決まっているような感じがしますね。贈り物が安いのもそれで説明がつきます。

 そもそも、物理的な距離が離れていて滅多に会えないであろう場合においては、どれだけ形ある愛情を注いだところで相手が心変わりするかもしれないという不安が付きまといがちなので、「好きだけど、好きすぎないようにしよう」というブレーキが働いてしまう事があります。

リスク分散としての恋愛

 そうなると、「この人には70%、この人には30%」という形で愛情の「リスク分散」をしようとする人々がでてきます。この考えを突き進めたのが「愛人80人」や「100人ナンパ」のような話で、どうせ上手くいかない事もあるんだから、誰かで上手くいけばよいと数%づつの粉掛けをしていくわけです。

 それでも、毎日小一時間ほど電話で話して、LINEまでするってのは結構すごいですね。1日は24時間しかないわけで、仮にリスク分散をされてるにしても最上位近くにいそうですし、携帯ゲームをしているのに電話にでないということですので、女性以外にリスク分散をしているような気がします。つまり人生における恋愛の比重そのものを下げているという事です。繰り返しますが、僕の妄想ですよ。

人生における恋愛の位置付け

 ただ、これは僕自身にも思い当たるところがあって、色恋沙汰について下手だという自覚があると、自身への影響を与えてよい枠を決めて、それ以上はのめり込まないようにする意識が働きがちです。詐欺的な話に入れ込んだり、強引な展開をしない一方で、心が折れてしまうのも早いのです。「ブログは人生の5%まで」と同じような話ですね。

個人的なポリシーとして「ブログは人生の5%まで」を意識するようにしています。例えば月収30万円なら5%で月15,000円、1日24時間の5%で72分というのがプラスであれ、マイナスであれ限度になるということです。それ以上に広がってしまいそうな時はバランスを取って休むようにしています。本気でお金を稼ぐのであれば休日にアルバイトをしますし、時間を掛けるのであれば公的資格を取ったほうがコストパフォーマンスが良いように思います。

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

  • 作者: イケダハヤト,タクスズキ,鳥井弘文,けいろー,ツベルクリン良平,下津曲浩,池田仮名,金野和磨,中里祐次
  • 出版社/メーカー: WOODY
  • 発売日: 2014/11/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

 そうは言っても、ブログや恋愛の効用や期待値が僕にとって高いものであれば、さらに投下していたことでしょう。この話はあくまで自身の見積もりに応じて決定された行動指針です。

 こちらの想いに応じてくれないかもしれない人や、心変わりするかもしれない人に倍プッシュしてくのは不合理ですし、執着が進むとストーカーのような話にもなっていくわけで、相手に対して不安があるほど理性的に割合を下げようと試みていくのは、むしろ倫理的な態度です。フラれた翌朝にだって仕事用の笑顔が作れる余力を残しておく必要があるのです。

不安を取除いてあげるけど、完全には取り除かないこと

 その仮説に従うと、心変わりの不安を取り除くのがひとつの方法ですが、あまりに確定的になると、こんどは現在の投下資本で問題がないとか、もっとおざなりでも大丈夫という「格下げ」を引き起こしてしまう可能性があります。4年間もそんな感じで続けてこられたということは、むしろ過剰な安心をされてしまっているのかもしれません。よって、現在が安心モードなのか不安モードなのかを、それとなくヒアリングをして、追えば絶対に追いつくけれど、追わなければ消えてしまうという距離感を調節していく必要があります。その辺は浮気させないテクニックと同じですね。

 そんなわけで、「電話に出られない理由は?」「疎外の要因は安心/不安?」についてヒアリングの中で判断して対応していけばよいかと思います。特に遠距離恋愛においては、相手の状態を限られたコミュニケーション中で読み取っていかないと、続いていかないような気がします。その上で、質問者様が「そこまで相手にコミットする必要があるのか?」について別途掘り下げる必要があるのでしょう。以上で、ご回答となりましたでしょうか。

永遠なんてさ あるはずないって
ほらまた私の悪い癖だね
あなたの事が大好きなのに
どうして疑ってしまうのかな
だけどそんな私の手を強く握ってくれた

つないだ手と手

つないだ手と手

  • 小寺健太
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

このブログではご質問・ご相談を募集しております

関連記事