太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

D系になる自宅飲酒を辞めてフレンチプレスコーヒで覚醒する

f:id:bulldra:20150412213832j:plain

今週のお題特別編「この春に始めたいこと・始めたこと」

 この春から、独り暮らしを再開したのだけど、いくつかの決まり事を作っている。例えば、家に本棚を置かないとか、普段はシャワーにして時々は銭湯に行くなど。

 その中でも重要なのが自宅での禁酒である。飲み会やバーに行ったりするのは潤滑油だけど、家の中で延々と呑みながらネガティブな創作実話を書いたりするのは誰も得しない。「独居」を続けると、それを自分に許してしまう隙が生まれてくる。

自宅禁酒をしてフレンチプレスコーヒを飲む

 代わりにコーヒーを飲んでいる。スターバックスで豆を買いつつ、最近流行りのフレンチプレスを導入した。フレンチプレスとは、コーヒー豆を入れたビーカーにに直接お湯を注いで4分ほど蒸らしてから金属製の網でプレスして濾す飲み方である。

f:id:bulldra:20150412213834j:plain

 ゆっくりお湯を注がないと不味くなってしまうフィルタ抽出と比較して楽だし、微細粉末やコーヒーオイルも抽出されるのでコクがある。難点を言えば放置時間があるから冷めるのが早いのと、コーヒー殻の掃除が少し面倒なぐらい。キッチンペーパーでかきだしたりするので、ペーパーフィルターよりもゴミが出ないってのは嘘だろう。

パール金属 ブレイクタイム コーヒープレス350ml HB-552

パール金属 ブレイクタイム コーヒープレス350ml HB-552

コーヒーは覚醒の飲み物

 酒は酩酊の飲料であり、コーヒーは覚醒の飲料である。21世紀以降のイノベーションは深夜のバーからではなく、早朝のコーヒーハウスから生まれるものに変わりつつあると言われている。人工的な酩酊状態で生まれる突発的なアイディアだけでは持続的なビジネスも創作も成立しえなくなってきているのだ。

アル中ワンダーランド

アル中ワンダーランド

 僕自身もアルコール中毒の予備軍ではあったなぁって思うところがある。面白くしなきゃとか、寂しくてとか、そういうのはあんまりないのだけど、膠着状態や手持ち無沙汰になると酒という名のタイムマシンにおねがいしてしまう部分もあった。適切に「待つ」とか「育てる」というのが苦手だから、強引に気絶する事で余計な事をしないようにしてきた。

人生が折り返しを迎えてきた

 歳の割には若いとか、もっと言えば「幼稚」とさえ言われるのはそういう経緯がある。炎上プロジェクトに忙殺されているか、反動で頽廃の日々をすごしている状態にある事のが多くて、根本的なところで悩んだ記憶や経験の蓄積があまりない。ライフハック技法の大半も「余計な判断を削減して手を動かす」ためにあるわけで、酩酊とは別ベクトルに自身をゾンビ化する効用がある。

 でも、いくらゾンビになっていても避けようのない災害や事故に巻き込まれる可能性はあるし、病気や老化は着実に進んでいく。酩酊や忙殺を繰り返していれば、平均余命はさらに少なくなっているだろう。だから、僕は覚醒している時間を増やして、どうでも良いことに悩んでいこうと思ったのだ。

 4/13は「喫茶店の日」なのだそうだけど家で美味しいコーヒーを飲むのもよい。アルコール中毒を避けるために、カフェイン中毒になってしまうのも本末転倒なので、白湯や緑茶なども取り入れつつ覚醒していきたい。夏場は「冷たいの」も……って、そういうのは冗談でもダメ。ゼッタイ。

関連記事