太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

褒め合う友達が数人いたら強くなれるネット環境ではポジティブ五人組制度が生まれやすい

photo by Lel4nd

プレイヤーを五人集めればステージに立てる

 深夜のテンションで少しネガティブなことを書く。ここ1年ぐらいのインターネット界隈において「ポジティブ五人組制度」とでもいうべきものができているように感じる。つまり五人程度のプレイヤー同士で連帯責任・相互監察・相互扶助をおこなえば相応のシェアをされたり、イベントの開催をしやすくなるから、何があっても褒め合おうみたいな強迫観念があるんじゃないかということだ。

 逆に言えば、五人組以外のプレイヤーからどんなヘイトされてもあまり問題はなくて、ステージに立った先はオーディエンスの話となりやすい。昔のはてなブックマークでもプレイヤーの友達が3人いればオーディエンスにいき渡りやすかったので「友達」の定義を広げて寄生的な関係を結ぶような動きがあったり、利益をもたらすから「友達」であり、「友達」は利益をもたらさなければならないという感覚にすら転じた人々が増えた経緯がある。

ポジティブ五人組制度の功罪

 少人数のクラスタで集まって高めあっていこうという流れはむしろWordPress界隈でよく見られたのだけど、どう考えてもアカンことに対してまで無理矢理に褒める部分を見つけたり、特定クラスタのみを無条件にシェアし続けることに対して嫌悪感を感じることがあった。「友達」だったら褒めるべきで、どんな時でも味方でいるべきという言説すら見かけたのだけど、本当に「友達」だったら注意するよね。

 僕自身にも脛に傷があって、一時期は検索流入が完全に止まってしまったので、バイラルメディアのような導線になっていた経緯がある。そんな構造を維持しようとすると普段から読んでくれている人やシェアしてくれる人に対して批判的なことが言いにくくなるし、実際にちゃぶ台を返したら面白いぐらいに数字に現れて怖くなった。現在のシェア中心のネット文化では5人ぐらいで濃い利害関係を結ぶ方が、100人から薄く好かれるよりも強い環境にあるからこそ、褒め合いの相互監視が生まれる。

特定クラスタと濃密に付き合いたくないからシンプルライフ

 本来の五人組制度は、連帯責任というネガティブなペナルティを負いたくないから相互監視するというシステムなのだけど、仲間からシェアされやすいという既得権益を失いたくないから特定クラスタ内で相互監視的に褒めあったり、敵対クラスタを攻撃してるんだよなぁっていう構図が見え隠れする。ポジティブな権益を失うことをペナルティと見なす認識にたてば、従来の五人組と同じで、すごく窮屈かつ矯正不能な恐ろしいディストピアにいるような気もする。それは批判する側も、される側でもである。

 僕自身は特定のクラスタと濃密に助け合わなければ生きていけないという不自由な状態になりたくないから、自身にスキルやお金を貯めることを重視するし、キャッシュフローの改善や意志力の節約のためにシンプルライフやミニマリストを指向していたわけで、濃密な互酬関係はなんだか逆行している気がする。お金の代わりにコミュニケーションを支払う心意気はよしとして、お金を稼ぐよりも苦痛なことをしていたり、他人に不愉快な思いをさせていないかという点に気をつけたい。

「いいね!」時代の繋がり―Webで心は充たせるか?― エレファントブックス新書

「いいね!」時代の繋がり―Webで心は充たせるか?― エレファントブックス新書