太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

吉野家の牛すき鍋膳が復活!今年は肉2倍盛とねぎ増しに対応

f:id:bulldra:20151013220735j:plain

吉野家の牛すき鍋膳が復活

株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)は、来る10月19日(月)10時より全国の「吉野家」店舗にて、「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」を販売いたします。 「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」は、2013年12月の発売以降、冬の定番商品として多くのお客様からご好評をいただき、累計での販売実績が3,000万食を超えた吉野家の人気商品です。

 今年も吉野家の牛すき鍋膳の季節になった。一昨年は何度も何度も食べた覚えがある。

今回の商品は「うまい・やすい・ごゆっくり」をコンセプトにしているそうです。たしかにずっとアツアツですし、殺伐としたカウンターでゆったりとすき焼きを食べるというミスマッチも良いのかもしれません。今度は卵とじにも挑戦してみようかなって思います。

 牛すき鍋膳の人気に対して、すき家が安易な真似をしたことからオペレーションが煩雑になり、後のすき家事変の原因にもなったとも言われている。すき家のそれも食べてみたが、吉野家の牛すき鍋膳の方が圧倒的に美味かった。

今年は肉2倍盛とねぎ増しに対応

 定価630円。一昨年は580円だったので50円マシ。着実に物価が高騰している。以前にあったのはご飯大盛りだったけれど、今年から肉2倍盛(+300円)やねぎ増し(+100円)に対応している。肉2倍盛で豪華に決めるのも、クタッとしたねぎを足せるのも嬉しい。

 肉2倍でも930円なのはいいな。ひとり鍋には妙な魅力があって、居酒屋でも頼みたくなってしまうことがある。特に吉野家の牛すき鍋膳は甘塩っぱくてご飯がすすむ。なんにせよ、今年の冬も吉野家牛すき鍋膳を楽しみたい。

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書)

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書)