読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

恵比寿「越後屋喜八郎」〜干物串ハーレムと巨大おにぎりがもてなす竜宮城

f:id:bulldra:20160706084202j:plain

色々な干物を少しづつ

 ひとり呑みと言えば、やきとんや串かつが多かったのだけど、ここ最近は干物や焼き魚で呑むことに開眼している。干物のもつ塩気と旨みは米から作られた日本酒との相性も抜群であるし、カロリーも控えめ。

f:id:bulldra:20160706084207j:plain

 だけど、大ぶりの魚はひとりだと種類が食べられないし、かといって複数人で身をほぐすのも気を使って難しい。そんなワガママな要求だって満たしてくれる越後屋喜八郎の、干物串盛り合わせが素晴らしい。

f:id:bulldra:20160706084202j:plain

 890円で5本おまかせ。鯖の文化干し、秋刀魚のみりん干しなどが大根おろしとともに並ぶ。今回は選ばれなかったがアジの開きや銀鮭などもあるそう。単品注文だと190円で2本からと、やきとん感覚で注文できる良心的な価格設定。夢にまで見た干物ハーレムに日本酒がすすむ。お通しであるナスの揚げびたしも嬉しい。

巨大おにぎりで昔話の世界にトリップ

 〆に「軽くご飯ものでも」とメニューを眺める。480円の干物茶漬けにしようかとも思ったが、串で食べられなかった銀鮭に食指がうごく。390円の銀鮭おにぎりならちょっと安いしシメにちょうどよいかと注文。「大きいですよ?」と念を押されたけれど、コンビニの爆弾おにぎり程度だとタカをくくる。

f:id:bulldra:20160706084204j:plain

 でかーい! 説明不要。これ、400〜500gぐらいはあるよ。390円が急に良心的に思えてくる。干物と日本酒で渋くキメていたのに、ひとりフードファイト会場に様変わりするテーブル。後ろのテーブルから聞こえるひそひそ声。

f:id:bulldra:20160706084205j:plain

 出されたものは残さない主義なので完食。色とりどり干物串ハーレムといい、巨大おにぎりといい昔話にトリップした気分。越後屋喜八郎は現代の竜宮城なのかもしれないな。