太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

iPhone 5sがドコモから出るけどパケ詰まりを考えたらAUにMNPしたい

f:id:bulldra:20130911071132p:plain

iPhoneのキャリアを考える

 新しいiPhoneについて今朝の段階ではAUとSoftbankで迷っていたのですが、関連情報が出てくるとキャリアについてはあまり考慮の余地がないかもと思いました。まず長年のドコモユーザーとして言わせてもらうとドコモのLTEは終わってます。特に駅や電車の中で全然つながらないことが多く、新宿や池袋などで繋がらなくなって困った事が多々あります。これは単純に契約者数に対する設備が足りてないからのようです。

平本さん:Xi契約者数が1000万人を超えたころから、駅周辺の朝や夕方、23時台のピーク時でお客様の利用が集中すると体感されるスループット(データ転送速度)が落ちてきてしまっています。このような調査結果やウェブ上のユーザー様のご意見は社内でも随時見ています。

(中略)

平本さん:都市部のユーザー様からスループットの高速化を望まれる声があります。ですが、都市部にユーザー様が多くなる傾向があります。従って利用が集中した時間帯やエリアではどうしてもスループットが遅くなりがちになっています。

都市部ですと特に駅周辺が通信速度が落ちる率が高いので、そこは設備増強で対応していく必要があります。

 そしてソフトバンクのプラチナバンド(900MHz帯)なのですが、これは2014年から着手だそうで、あまり期待ができません。急激につながりやすくなったという話はイー・モバイルを傘下にして乗り入れるようになったからなのですね。それはそれで重要なことですがプラチナバンドは使えないという事で(´・ω・`)です。

このプラチナバンドを使って、NTTドコモとauはLTE網を展開中で、ソフトバンクでは、900MHz帯を獲得していますが、この帯域をLTE用に使うのは2014年の計画。当面は2.1GHz帯を引き続き使うことになります。

 そうなるとAUの800MHzのLTEが一歩も二歩も先をいっているように思われます。そんなわけでAUにMNPする前提で進めたいと思います。なんか他に考慮する必要あるのかな。

田中 ドコモさんもソフトバンクさん同様2.1GHz帯が中心ですし、そもそも800MHzの帯域は、そのほとんどを3G回線に割り振ってしまっていて、LTEのために割けたとしてもせいぜい5MHz程度と思います。ウチは15MHz幅のうち10MHzをLTEのために“我慢して”取っておいたわけです。ソフトバンクさんの900MHz帯に関してはまったくこれからでしょう。2.1GHz帯の拡大・高速化も進行中ですし、他社さんの設備が整うころ我々はもっと先へ行っていますよ。

──800MHz帯のアドバンテージとはズバリ何でしょう?

田中 ネットワークの評価はカバレッジ、スピード、浸透の3つです。浸透というのは室内や地下における電波の入り具合ですね。カバレッジに関しては低い周波数ほど少ない基地局で済みます。我々はすでに97パーセント、年末までに99パーセントをカバーしますからダントツです。スピードは先にも申し上げたとおり10MHz幅を使えるのは当社だけ。浸透に関しては800MHz帯の特性としてまず挙げられるものです。

iPhone休暇を取りたい

 それはそうと『iPhone 5sは「予約販売なし」当日販売のみに』だそうで、9/20はiPhone休暇を取りたいなーと思いつつも予定があって休めず。手にれられるのは先になってしまうかもしれません。

 事前予約はできないので、開き直って人柱の報告を聞いて変える事があるかもしれません。しかし、最近のモバイル通信事情については全然おえてなかったのですが、色々な思惑が入り乱れているんですね。AUがひとりがちになるとまた帯域が混雑して使えなくなってしまうわけで、ここでドコモのままの人だったり、ドコモにMNPする人が増えてくれた方がよいのかもなんて腹黒いことを(^_^;)

関連記事