太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

WordPressブロガー中心の交流会『第1回15会(イチゴカイ)』に遣は使として一期一会をしてきた

「はてなブロガーと飲みたい」というリクエストにお応えして

 2014/10/15に開催された『第1回 15会(イチゴカイ) | Peatix』に「はてなブロガーと飲みたい」と書いていた主催者チームの奥野さん( id:odaiji )からのお誘いを受けて「アウェイ怖い!」と思いながらも参加してきた。

 はてなブロガー代表とかでは全くないのだけど、さしずめ「遣は使」の気分*1。Twitterでは華僑になぞらえて「は橋」と呼ばれたり、使っているブログサービスがちょっと違うだけで大袈裟に語ってしまいがちなのはなんなんだろうと思いつつ。

『15会(イチゴカイ)』とは

 『15会(イチゴカイ)』とは『あかめ女子のwebメモ』のあかめさん ( id:akamejoshi ) 発起のイベントで、毎月15日に「ブログに触れている人なら誰でも」という参加条件で集まる会合である。Word Pressブロガー参加者枠数を絞って内輪感を出さないようにしたり、毎月15日に開催することで事前の予定を立てやすくしたりといった工夫がなされている。今回はその第1回目。

15会(イチゴカイ)とは、一期一会をモットーにした人との出会いの場です。

(中略)

人と会うことを大切にしている人、反対に人との出会いの大切さを知ってみたい、会うことを大切にしている人のためのイベントです。

 あかめさんについては2013年にあった『ブロガーサミット2013でtsudaってみた - 太陽がまぶしかったから』で、セッションが終わった瞬間にレポートがモブログでアップされていたのを見て、すごい人がいるなーと存じあげていたので、お会いするのを楽しみにしていた。今回お話させて頂いて、改めてブログ愛がすごいなと。

 会にはブログ運営サービスの経営者の方や純粋な読者さんなど様々な人が集まっていた。互いに初対面の方が多かったそう。WordPress系の方々とはなんとなくの繋がりがあったのだけど、今回は全員が初対面。アメブロやライブドアブログの方々とお会いするのも珍しくて新鮮。はてなブログをメインで使っている僕は希少種だった。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (一迅社文庫)

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (一迅社文庫)

ブログ文化多元主義

 お店は西新宿にある『MARGO | サラダデリ マルゴ | ヒルナンデスに登場したオリジナルサラダ専門店 マルゴ 東京都 都営大江戸線 西新宿五丁目駅』でサラダビュッフェとワインがメイン。2階を貸しきっての立食パーティー形式で、コミュ力がないと難易度高めなスタイルだけどなんとか挨拶や会話を交わしたり。こういう時には互いに積極的になった方がよいね。色々と話す中で自分ははてな内のことしか知らないんだなって思う機会が多った。

 ブロガー名刺を忘れたのが結構致命的。確かに名刺交換をしておけば後でSNSなどで繋がりやすい。はてなで集まる時には基本的に居酒屋の座敷なんかで飲む感じだし、名刺交換はまずないので文化の違いを感じたりもする。それに限らずサービス固有で培われた文化について、良いにしろ悪いにせよ誤解しがちだよねって話になった。

 『とりま風呂』の常時系さん ( id:georgek5555 ) とお話できたのも嬉しかった。この辺りの話題が未だに凄く刺さっていて、「サイレントマジョリティ」を表ブログのアカウントを出して言えるのが恰好良い。

 ここに挙げさせて頂いた方々にIDコールが出来る通り、はてなブログをサブブログとして併設する人々が増えてきている。実際に使ってみて文化の違いを知ったり、良い所を取り入れようという試みをされているのだろう。僕自身も他のサービスを研究して得たものが沢山あるし、例えばパンくずリスト対応などもWordPressでの実装ありきであった。

 もちろん全部の要素が一緒くたになる必要性は全くないし、どれが良いということではなくて、独自発展した中から相性が合いそうなものを自分の所にも取り入れてみようという試みによって螺旋的な発展をする事もあるのだろう。

はてな村開国派と攘夷派

 奥野さんが主催した『2014ブロガーズフェスティバル 【東京・8月23日】#ブロフェス2014 | Peatix』というイベントにおいても、『【はてなブログ×サイボウズ式】ブログの外に出る方法』という「はてな枠」があって、多数のはてなブロガーによるレポートが書かれていた。

 僕としても、『キラキラしたブロガーの方々と共著する電子書籍の中で「はてな村」について書くことになりました - 太陽がまぶしかったから』のような企画に参加させて頂いたりして、徐々に垣根がなくなってきている感覚がある。

 その一方で、古参でも有名でもないのに「はてな」の属性を背負う事について不快感を感じる人がいるのも理解しているし、攘夷派のような主張もありえるのだろう。だけど、そんな大袈裟な話じゃなくて、ひとりひとりの人間同士として「そういう考えもあるのか」ということを知るのは楽しいし、互いに影響をしあう事は出来る。

一期一会は「もう一回」があってこそ

 「15会」という名前は「一期一会」がテーマになっているのだけど、「その次」が大切なのだろう。「またぜひ」が社交辞令になってしまっては勿体無い。今回はたまたま希少種になってしまったけど、はてな系のに飲み会に招待してもよいし、はてなブロガーが複数人で行ってもよいだろう。

今の世の中は、選択肢が増えて、調べるのも簡単になって、行きたい場所が後から後から湧き出てくるような時代です。

その無限の選択肢の中から、偶然性・偶発性を楽しむことの方が良しとされています。

しかし僕らどこかで、その“希薄さ”や“浅はかさ”に対して無意識のうちに違和感を感じているのではないでしょうか。

 正直な所で僕自身の「ブログで↑↑」的なモチベーションについては低いままなのだけど、ブログがきっかけとなって貴重な機会を頂きやすい事については本当にありがたいと感じているし、ブログの外側で得られるものも沢山あった。だからこそ、もう1度行きたい/会いたいと互いに思えるような関係性を築いていければと考えている。

モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術

モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術

あかめさんの「女王」ってそういう事だったんですね(^^)

*1:「唐に派遣する使節団」で「遣唐使」だから、「遣ワ使」のが正しいけど