太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

スターバックス「カティカティブレンド」〜シトラス&スパイス風味よりも濃厚な旨味を感じさせる東アフリカ産のブレンドコーヒー

f:id:bulldra:20150715205006j:plain

シトラス&スパイスノーツ

 気分転換用のコーヒーとしては酸味が強いケニアガチャタが好きなのだけど、目覚めの一杯にははもう少しマイルドな方がよいと思いながら、色々な豆を買っている。

 今回はカティカティブレンド。青と白のパッケージが鮮やかなスターバックスの新作である。「KATI KATI」とはスワヒリ語で「~の間に」という意味で、エチオピアとケニアの2カ国原産の豆をブレンドしていることからその名前となっている。ケニア産は酸味が強く、エチオピアはダークチョコレートとペッパーの風味があるのでブレンドすればシトラス&スパイスになるという塩梅だ。

シトラスよりもモカジャバの旨みを感じる

シトラスとスパイスの風味、ほのかなフローラルの香りと鮮やかな酸味のバランスの印象的な、ほどよいコクのある東アフリカ産のブレンドコーヒー

f:id:bulldra:20150715204941j:plain

 今回もフレンチプレス。アイスコーヒーのが風味が立つようなのだけど、ホットでも大丈夫とのこと。説明文を読むと「バランス」を重視している。250gで1330円(税抜)。抽出するとやや濃い目のブラウン。

f:id:bulldra:20150715205011j:plain

 飲んでみるとモカジャバに近い。ごくごく僅かな酸味がダークチョコレートのような味わいを引き立てている。フレンチプレスだから余計にそうなのかもしれないけれど、苦味や酸味ではなくコーヒーオイルの旨味を強く感じさせる。粉っぽさもまたよし。香りはあまり強くない。

f:id:bulldra:20150715205001j:plain

 余談だけどスターバックスの豆パッケージには留め金具がついていて、密閉容器がなくても一時保存をしやすいのが便利。朝の定番はしばらくこれにしてみよう。

関連記事