読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Kindle Paperwhiteマンガモデルはパラパラ読みができてよい感じだけど

読書 読書-Kindle

f:id:bulldra:20161211101004j:plain

今年、買ってよかった物

 毎年恒例の「今年、買ってよかった物」を考えたのだけど、今年はあまり大きな買い物をしていないことに気がついた。未だに3年前のMacbook Airを使っているし、iPadもiPhoneも買い替えまえでには時間がある。家電類もあまりないし、大抵の娯楽はAmazon Prime Video、Amazon Prime Musicで完結する。「今年、買ってよかった物」は「今年、買って自分の生活変わったもの」を位置付けたい。

 楽天スーパーセールやAmazon Cyber Monday 2016もやや冷ややかに見ていたが、Kindle Paperwhiteマンガモデルが7800円引きで買えるのが目についた。

 Kindle Paperwhiteも4年目に入っていたのだけど、バッテリーのヘタってきたり、レスポンスが悪いと感じることが増えてきていたし、結局のところで自分がお金を使うのは電子書籍に対してであるため、丁度よい機会だと買い替えることにした。

注文したその日に届く

f:id:bulldra:20161211101541j:plain

 朝に注文したらその日の夕方に届く。資本主義。

f:id:bulldra:20161211101452j:plain

 フィルム印刷だと思ったら、画面が表示されているだけという感動ふたたび

f:id:bulldra:20161211101455j:plain

 付属品はUSBケーブルだけ。  

2013年版モデルと2016年版マンガモデルの比較

f:id:bulldra:20161211101456j:plain

 300PPIアピール。購入アカウントも設定済みなのでWi-Fiにつなげればすぐに使える。ストレージ容量が4GB→32GBの大幅アップなので大量の漫画を端末に入れておけるのがよい。持ち運びできる漫画本棚の無敵感。

f:id:bulldra:20161211101503j:plain

 旧機種と画面比較。正直なところで静止状態だと解像度の違いについては、そこまで気づかないのだけど、細かい字や絵によっては違いがでるのと、ライトの白味がつよくて明るい感じがする。

ページめくりや操作時のレスポンスが早くなっていい感じだけど

 一番の違いはページめくりや操作時のレスポンスが早いこと。一呼吸おいてから表示される感じがなくなった。「連続ページターン」機能によってパラパラっと連続プレビューさせながらのページめくりも可能。物理的に不可能だと思っていたパラパラ読みができるのがよい。

 「次の巻を開く」機能も漫画を一気読みする時に便利。マンガモデルの名前はダテじゃない。バッテリーがへばっていたし、地味に快適になる要素多いので買い替えてよかったとは思うのだけど、Kindle自体は2013年時点でほぼ完成形だったことを改めて感じる。良くも悪くも「今年、買って自分の生活変わったもの」と大きな声で言えるものが減っていくのは少しさびしくもある。