太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

MicroUSB→Lightning変換アダプタがあれば最小限の充電セットで済む

f:id:bulldra:20150727074825j:plain

iPhoneのライトニングケーブルを忘れがち

 実家に戻る時にiPhoneの充電ケーブルを忘れて電池切れを放置していたら未読スルーが何件か溜まっていた。Lightningケーブル端子が採用されたのはiPhone 5以降の2012年からなのだけど、iPhone 4s、iPod、iPadなどに付属してきた30ピンDockコネクタとの互換性がないし、ケーブル自体も高価なのでやりくりに難儀していて、かばんの中に入れ忘れてしまうこともあった。

 それに比べて、Micro USBはモバイルバッテリーやPocket Wi-Fi、Kindle Paperwhiteなどから利用されて余っているので必ずバッグに入っている。その前提だとMicroUSB端子をLightning端子に変換するアダプタを買えば十分なんだなと。

MicroUSB→Lightning変換アダプタで持ち物も最小限に

 そんなわけで、『iCharger Power/Sync Adapter for Lightningコネクタ』を買ってきた。税込み1728円。充電系のアイテムはいますぐ欲しいという文脈であることが多いので、通販や家電量販店と比較したら割高になってしまうのも仕方がない。そもそもAmazonになかったのだけど。

f:id:bulldra:20150727074816j:plain

 「Apple社の性能基準を満たした、安心のMFiライセンス商品です。」という記載があるので、大丈夫だと信じる。変換コネクタさえあればケーブルを複数持ち歩かなくてよいのも大きい。そんなに重いものじゃないけど1mとかのケーブルを複数持ち歩くのはどうなんだと思うし、バッテリーにはMicro USBケーブルをつけておいて、必要に応じてアダプターに付け替えればよくなる。

 そもそもは規格が統一されていれば、こんな面倒な思いをしなくて済むのだけど、そのへんはAppleだから仕方がないと受けいれていくしかないのかなぁ。それと写真が壊滅的に汚くて、実家にある20年選手の机で写真を撮るべきじゃなかったなと思いつつ。

関連記事