読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

銀座ライオンの牛カツレツランチは分厚すぎる赤身肉で顎が疲れる

グルメ グルメ-B級グルメ

f:id:bulldra:20160505180028j:plain

銀座ライオンのランチ

 銀座ライオンといえば、サッポロビールを楽しむ店という印象が強いのだけど、ランチタイムに利用することがある。

f:id:bulldra:20160505180030j:plain

 いかにもな洋食が揃っているし、月替りのプレミアムランチメニューが良いのだ。

4月のプレミアムランチメニューは牛カツレツランチ

f:id:bulldra:20160505180023j:plain

フライパンとオーブンでじっくりと焼き上げる「洋風カツレツ」だから、ジューシーでやわらかく、品質の高いこだわりの牛肉をしっかりと味わっていただけます。カツレツ用にご用意した特製デミグラスソースとともにお楽しみください。

 4月のプレミアムランチメニューは牛カツレツランチ。1380円のセットに110円追加でサラダもつくから都合1490円。プレミアム。

f:id:bulldra:20160505180025j:plain

 これを書いている5月の段階では終わってしまったのだけど、強烈なインパクト。

分厚い赤身肉を噛みしめる牛カツレツランチ

f:id:bulldra:20160505180028j:plain

 この分厚さ。赤身肉をフライパンとオーブンで焼き上げた衣にデミ卵ソースが絡む。辛さよりも苦さを感じるマスタードもこの肉によく合うアクセントだ。

 牛かつといえば、刺しの入ったレア肉が蕩けるイメージだったけれど、銀座ライオンの牛カツレツは本気で噛み切る必要があるので顎が疲れる。ナイフを使って小さく切れば食べやすくなるのだけど勿体無い。原始人に戻った気分で赤身肉にかぶりつく。

テッパン男 (ヴィレッジブックス新書 14)

テッパン男 (ヴィレッジブックス新書 14)