読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

お湯計量マグカップを活用して缶ビールを3段階で愉しむ

f:id:bulldra:20151002233057j:plain

お湯計量マグカップでビールを呑む

 アマノフーズ の試食会でお湯の計量メモリがついたマグカップを頂いた。

f:id:bulldra:20151002082814j:plain

 本来はフリーズドライ食品を正しい湯量で作るためのものだ。味噌汁の味がピッタリと決まるのが気持ちいい。このお湯計量マグカップはアマノフーズ の通販サイトで買える。

ビールを呑むのが捗る

f:id:bulldra:20151002233447p:plain

 このお湯計量マグカップはビールを呑むのにもよいことに気付いた。

 いつものホワイトベルグ500ml缶。

f:id:bulldra:20151002233059j:plain

 200mlづつ呑むと丁度2.5杯分。

f:id:bulldra:20151002233057j:plain

 1杯目は本能の赴くままに飲み干して喉を潤すのがホップ。

f:id:bulldra:20151002233057j:plain

 2杯目はちびちびと味わうステップ。

f:id:bulldra:20151002233910j:plain

 最後の100mlでまたぐっと飲み干すジャンプ。1本のビール缶で3段階の味わいが愉しめる。

ビールをフェイズごとに愉しむ

 お酒には好みがあるのだけど、個人的には初手に日本酒二合か瓶ビールを頼んでしまってチビチビとやってる方が好きだ。ビール一杯分の値段で最後まで呑めるし、店主を煩わせる事もない。生ビールをがんがん頼んで割り勘にされると「和民に行け」って気分になるぐらいには度量が狭い。

 焼きとんが焼き上がるまでには時間がかかるという前提で、テーブルにはパーマネントをデプロイしておかないと、バーンアウトまでのディレイに手持ち無沙汰となってしまう。マカロニサラダもしかりで、外部要因と内部要因を切り分けて、内部要因化できる部分でペースを握っていくように兵法を重ねていくのが肝要である。

 ジョッキに注がれた生ビールよりも瓶ビールの方が好き。限られたビールのペース配分こそが重要だといえる。お湯計量マグカップで正しい分量のビールを呑んでいくという管理された狂気による頽廃もまた乙。焼酎のお湯割りも完璧に作れる。

なぜ、あの店は生ビールが120円でも儲かるのか?

なぜ、あの店は生ビールが120円でも儲かるのか?