太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Googleのモバイルフレンドリー・アルゴリズムに表示スピードは影響しない。または床屋SEO談義について

photo by Carlos Luna

モバイルフレンドリー・アルゴリズムと表示スピードは関係ない

 Google において 2015年4月21日から「モバイルフレンドリー・アルゴリズム」がロールアウトされると発表されています。「モバイルフレンドリー・アルゴリズム」とは「スマートフォンなどのモバイル機器でも読みやすく表示できるか?」という指標が Google の検索順位に影響するというものです。

 パンダアップデートやペンギンアップデートよりも影響が大きいという話や、はてなブログのモバイル表示スピードや 『PageSpeed Insights』のスコアに難があることから、煽り気味の提言がなされてきた経緯があります。

 しかし、『モバイルフレンドリー・アルゴリズムについての新情報!~ロールアウトには1週間ほどかかる見込みも、対応/非対応のみを判断、その他~ | SEO Japan』による公式ハングアウト要約を読むと「モバイルフレンドリーであるか、そうでないか、のみが基準となる。どの程度対応しているか、という基準はない。」とあり、「モバイルフレンドリー」の判別方法も提示されているため、「今回のアルゴリズムとモバイルでの表示スピードは関係しない」という判断をして良さそうです。

モバイルフレンドリーの判断基準

 具体的な要約は以下の通りです。

(1)今回のアルゴリズムは4月21日に開始されるが、全地域において完全に完了するまでには、数日から1週間ほどかかる。

(2)対象のサイトがモバイルフレンドリーであるか、そうでないか、のみが基準となる。どの程度対応しているか、という基準はない。

(3)モバイルフレンドリーであるかどうかを判断する最も簡単な方法は、モバイル検索結果にて、モバイルフレンドリーのラベルが表示されているかどうかを確認することだ。もしも表示されていない場合は、モバイルフレンドリーテストツールを用い、自身のサイトを確認しよう。また、モバイルフレンドリーテストツールは、実際のGoogleの検索結果と一致しているはずであるが、Webマスターツール内のモバイルユーザビリティレポートは、クロールのタイミングの問題で、対応が遅れる場合がある。

モバイルフレンドリー・アルゴリズムについての新情報!~ロールアウトには1週間ほどかかる見込みも、対応/非対応のみを判断、その他~ | SEO Japan

 「モバイルフレンドリーであるか?」はスマートフォンでの検索結果から判断できます。はてなブログであれば「スマホ対応」というラベルが付いているはずです。

f:id:bulldra:20150327071528j:plain

SEO については冷静に判断しつつ安心しない態度

 よって、2015年4月21日のモバイルフレンドリー・アルゴリズムとモバイルでの表示スピードを結びつけて煽るのは筋が悪いと判断しています。SEO に関する不確定情報に対して妄想で埋めた煽り文章が炎上商法的に利用されるのは日常の光景ですが、最近は一般のブロガーさん達も都市伝説に不安になったり、変な影響を受けやすいのでそういう煽りを苦々しく思っています。公式情報に当たりましょう。

 もちろん「表示スピードが遅い方が良くなる」という可能性はありえませんし、別のアルゴリズムやアップデートによって影響する可能性はあります。そもそも「100%影響がない」と言いきれない事のが多いのですし「ただちに影響がない」には過剰反応をした方が正解なんだという考え方もあるのでしょう。個人的には、床屋政談のネトウヨ化やリアル拡散に近しいものを感じますが。

 そんなわけで、2015年4月21日のモバイルフレンドリー・アルゴリズムとモバイルでの表示スピードを結びつけるのは筋が悪いと言いつつ、長期的には対策していくべきという態度設定でよいのではないかと思われます。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

関連記事