読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

お金でお金を無リスクに働かせるためには1200万円でも足りない

ライフハック ライフハック-投資

photo by Tax Credits

無リスクにちゃりんちゃりんは難しい

 21,000円に届こうかとするまで上がった日経平均が17,500円水準まで下がったのが8月25日。現在も18,026.48円と回復の兆しはあまりない。正直にいってある時期から見たら大損しているのだけど、それでも精神が安定しているのは解約オプション付きの仕組預金が残っているからだろう。

ここ数週間の日経平均株価の乱高下によって、給料の一部を積み立てて構築してきたポートフォリオが1日で10万円から20万円ぐらい動く日も珍しくない。ちょうど国債系の資産をインデックス投資にスイッチ完了した時期だったのでもろに損を食らっている。

 解約オプション付きの仕組預金とは、銀行側が1年ないし10年のうちの好きな年数で解約できる代わりに、元本保証で高金利の利息がもらえるオプション取引を含んだ預金である。僕がSBIネット銀行で作っていたころには、年利0.7%(現在は0.5%)の利息がついたので月100万円づつ12ヶ月分作っておけば、毎月7,000円(税引後5,580円)のお小遣いが確実にもらえるスキームが構築できた。

 逆に言えば年間1200万円の資金拘束をしたところで、そんな程度なのだ。1億2000万円でも月7万円。現在の東京三菱銀行で定期預金を作ると年利0.025%なので100万円を1年間預けてたったの250円(税引後200円)だし、投資信託や個別株を買っていたら暴落のリスクがある。不動産投資は言わずもがな。上昇局面であれば兎も角として、今になってみれば「お金でお金を働かせる」というのはかくも難しい。

そう考えるとアフィリエイトって凄いな

 そう考えると副業アフィリエイトの無リスク性の凄まじさを改めて感じる。もちろん相応の手間だったり、ちょっとした運営費用はかかるけれど、趣味として償却できる程度のことだ。「ブログ飯」をするためには努力や運が必要だけど、月7,000円ぐらいの広告収入だったらアドセンスやA8.net などから普通にありえるだろう。ほぼ無リスクで得られる月7,000円の収入は年間1200万円の資金拘束に匹敵するというのは前段で述べた通りだ。

 ぼくの場合は、アフィリエイト収入を専用ファンドに突っ込んで消耗させているので、わけがわからないことになってるけど、「お金でお金を働かせる」と考えるよりも、もうちょっと「ネタになる」という回収の仕方を意識した方が現環境においてはよいのかもしれない。

純粋な持ち出し賭け金ゼロで回していく

で今回何を言いたいかと言えば、アフィリエイト初心者はアフィリエイトで儲けた分の何割かは次に行おうとするアフィリエイトの商材に対して投資をしていくのが良いということです。

(中略)

でも最初から投資は絶対にしない方が良いと思います。アフィリエイトは無料で始められるので、無料の状態で始めてそこから利益が出たら投資をしていくという方法を取るのがリスクが少ないことになります(リスクは記事を書いた時間が無駄になるくらいですからね)。

 純粋な持ち出しの賭け金がない状態で、無から有を回して大きくしていくのが錬金術っぽくてよい。ライター業も持ち出し費用は殆んど発生していないし、そもそも会社員ってそういう話ではあるけれど。結局のところで純粋な不労所得は難しいので、せめて「好きなことで生きる割合を増やす」という方向性で考えるのがよいのかなと。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生