太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

おっさんへの出会い厨として参加した2014年のブロガーイベントまとめ

ブログをやる意味について

 ブログをやる意味について問われると色々な韜晦が思い浮かぶのだけど、『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意』に定義されている「仲間と収入」は非常に明快である。僕自身としても、気にしていないと言えば嘘になるし「収入」という観点では全く割に合わないからこそ「仲間」に対する執着があったような気もする。

 そう言ってしまうと堅苦しいけど、「一緒にお店屋さんごっこをしてくれる人を探したい」ぐらいの感覚である。今年は積極的にイベントに参加して会話していく中で、おっさんを紹介されたり、紹介したりという連鎖があって色々な企画が進んでいく事が多かった。

 つまり僕はおっさんへの出会い厨だったのかもしれない。はてな女子は既婚者かそれに近い人ばかりなのでおっさん枠である。そんなわけで「ブログで2014年を振り返る」ひとりアドベントカレンダー18日目はブログイベントについて語りたい。

ブロガーコーヒーMTG

 ブログをいったん休止して普通の日記を書いていた頃だったのだけど、イケダハヤトに会えるということで参加。第二回を含めて無茶苦茶面白かったし、また少しづつブログを駆動しはじめるきっかけになった。我ながら絵が下手すぎる。

はてなブロガーオフ会

 はてな村民というよりも、はてなブログユーザー同士で集まったオフ会。ここで色々なブロガーの方々と初対面をした。その後も定期的に飲んだり、チャットをしたりと、この頃の緩い繋がりが続いている感がある。ほぼ徹夜明けで参加したこともあって気が付いたら爆睡していて、ほんと申し訳ない。

はてなブックマークオフ会

 はてなブックマークユーザーのオフ会。オフ会と言いつつ「イベント」という感じであった。実行委員会としても働いていて、なんだかんだ言って増田とかブックマーカーも血の通った人間なんだなとか。

 運営する側の大変さや、お客さん側の気持ちだとかを知れてよい経験になった。良くも悪くも「文化祭」だったなと。その後の展開にはあまり興味がなかったのだけど、回線切って休むの大事。

ハードコアブロガーサミット

 はてなブックマークオフ会の余韻を受けて、去年の10月頃から歴代の炎上を続けてきた人達で集まろうみたいな飲み会。あの頃はなんだったんだろうねーみたいに、たった1年間で老化しているのが我ながら謎。増田に勘ぐられて面白い事になっていた。

15会

 WordPress界隈からお誘いで はてな村民として参加した。立食パーティ形式で名刺交換をする会合はすごく久々であった。「文化の違い」を殊更に強調するのもまた違うのだけど、これはこれで新しくて面白かった。はてな×WordPress界隈で飲んだり、互いのノウハウをやりとりしたりみたいなのはもう少し積極的にやりたいかな。

『レールの外ってこんな景色』出版記念パーティ

 共著で参加させて頂いた電子書籍の出版記念パーティー。こちらも立食形式。「著者」としてスピーチをしていることに現実感があまりなかったりもする。

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

  • 作者: イケダハヤト,タクスズキ,鳥井弘文,けいろー,ツベルクリン良平,下津曲浩,池田仮名,金野和磨,中里祐次
  • 出版社/メーカー: WOODY
  • 発売日: 2014/11/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

 まさに「弱いつながり」であって、この日の帰り道に話した与太話がそのまま現実の企画になって動き始めているし、この本の出版自体もそういう性格のものだ。僕には無理な事であっても、ある人にとっては朝飯前だったりもして、現代は与太話が与太話じゃ済まない時代なのだろうとも思う。

まとめ

 そんなわけで2014年は色々なイベントに参加してたのだけど、最近は大人数の飲み会やイベントにあまり行っていない。予定が付きにくくなったというのもあるし、内面に向かった方がよい時期もあるのだろう。そうは言っても、これらのイベントをきっかけにして、ネット上の交流がより親密になったり、登山や忘年会なんかに行ったりもしている。

 もちろんリアルで会ってしまうと、ブログに「しがらみ」が出てくる部分もあるのだけど、それはそれだ。来年の自分がどうなっているのかは分からないけれど、出会い厨として過ごした日々が何かに繋がっていくこともあるのだろう。今度は大阪に行きたいなー。

弱いつながり 検索ワードを探す旅

弱いつながり 検索ワードを探す旅