読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ワケありアラサー女子との擦れた恋愛妄想リアリティとリアルの乖離

photo by 08dreizehn

ワケありアラサー女子との擦れた恋愛妄想リアリティ

 ここのところで妙に出会い系アプリのターゲティング広告に追尾されているのだけど、自分自身のことを考えると流石にちゃんと妄想できなくなってくる。なーにが趣味が会うから楽しいねだ。つぶすか? 

 それに限らずとも、大人向けの恋愛漫画やドラマはバツイチ子持ちで水商売みたいな女子がヒロインになっているケースも多い。感情移入やリアリティを考えると、擦れている女子のがまだワンチャン・アルディと思えること、あるよね。

リアリティとリアルの乖離

 だけど、そういうところへ「妥協」すれば、ダメな自分にも希望があるかもって考えるのはものすごく失礼だし、リアルを考えると余計に辛い。二十代でバツイチになって今まで我慢してきたから奔放に過ごすんだ系女子がサークラ的な行動をしていたのだけど、そこに関わった人々の誰もが最後まで救われなかったように思う。全部を受け入れるのは難しいし、最後は自分に戻ってくると期待するのは烏滸がましい。

 ワケありアラサー女子との擦れた恋愛お伽話にリアリティは感じるけどリアルではない。憐憫だけでは恋じゃない。性欲だけでは愛じゃない。山は死にますか。海は死にますか。風はどうですか。空もそうですか。僕の今後の人生において恋につかれたホステスや不倫につかれたOLとの接点はあるのか。判りかねます。池田仮名先生の次回の人生にご期待ください。