読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

さくら水産で卵黄ソースが輝く無限かつ丼

f:id:bulldra:20151031090559j:plain

さくら水産のことは嫌いにならないでください

 塩とレモンもついているので飽きずに食べ進められるけど、全部たべるころには流石にお腹いっぱい。お通しをカットして無料のお冷なので、合計580円で無茶苦茶満足。どう考えても身体に悪いのだけど、さくら水産の雑な定食は童心に帰らせる何かがある。

 2chの嫌儲板に晒されて自炊厨にフルボッコにされていたけど、相変わらずさくら水産に通っている。夜は夜で重宝するけどランチ定食は消費税込み500円で、ごはん・味噌汁・卵・海苔・漬物が食べ放題。卵かけごはんが無限に食べられるのがありがたい。さくら水産から莫大な広告料をもらっているわけもないけど、500円で莫大な卵かけごはんを食べさせてもらった恩義はあるのでPR表記をつけておく。

さくら水産でロース豚カツ定食

f:id:bulldra:20151031090601j:plain

 閑話休題。今日のランチのはロース豚カツ定食。「トンカツ」や「とんかつ」でなく「ロース豚カツ」という言葉にこだわりを感じる。

f:id:bulldra:20151031090553j:plain

 べらべらのトンカツだけど、それがよい。

卵黄ソースが輝く無限とんかつ丼

f:id:bulldra:20151031090552j:plain

 さくら水産でトンカツを食べるんだったら、ごはんと卵と海苔を活かしたい。

 立ち蕎麦屋で頼む揚げ物や卵は蕎麦に乗っけてなくてはならないという固定観念に無意識のうちに縛られていた。しかし、コロッケをおかずにご飯やカレーを食べたり、かき揚げをアテにビールを呑んだってよいのだと気づいて世界が広がった。そもそも、ちゃんとした蕎麦屋で呑む時にはカマボコや天種などの具材をアテにするのを普通にやってきた事で、立ち蕎麦屋が例外というわけでもあるまい。

 与えられたカードでベストを尽くすのがSEO(さくら水産体験最適化)である。

f:id:bulldra:20151031090556j:plain

 まずは、ごはんに海苔を敷く。卵に火が通って半固形になっている通常のカツ丼と異なり、生卵はご飯にしみやすい。先に堤防を作っておくことで、敢えて卵かけごはん感を避ける。

f:id:bulldra:20151031090557j:plain

 次にロース豚かつを乗せる。3切れにすればミニカツみたいで可愛い。

f:id:bulldra:20151031090558j:plain

 卵はソースにするので醤油をたっぷり入れてかき混ぜる。本当は卵黄のみにしたいが、白身をメレンゲにする時間はないし、捨てるのは倫理的にまずい。

f:id:bulldra:20151031090559j:plain

 ロース豚カツに卵黄ソースをかけて、漬物を乗せれば完成。海苔を敷いておくことで、ごはんに染みさせ過ぎないのがポイント。まずは最高の状態で卵黄ソースが輝くかつ丼を食す。残りはロース豚かつ2切れと無限のごはん・味噌汁・卵・海苔・漬物。

 そして、またおかわりを持ってくる。次に使えるねぎトロは皿に残っている半分で都合八分の一。十六分の一。三十二分の一。そのように続けていけば無限にまぐろユッケ丼やねぎトロ丼が食べられるという寸法。つまりホッピーのソトだけを注文して注ぎ続ける「無限ホッピー」の原理を応用するのだ。

 だが、しかし「残りのロース豚かつが2切れ」だといつ誰が決めたのか?という話でもある。箸で切れば4切れになるし、8切れにも16切れにもなる。あとは腹具合に応じて、豚かつの利用量を調整していけばよい。海苔卵かけごはんに漬物を乗せるだけでも美味いのに豚かつまで乗っているのだから大丈夫だ。サラダまで付いている。そんなわけで、昼から腹いっぱいになりすぎてしまったのでした。

桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)

桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)