太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

恵比寿「喜福世」〜600円の焼肉定食が炭火で焼かれる音は脳にいい

f:id:bulldra:20160522072936j:plain

肉を炭火で焼く行為の魔力

 喜福世は600円でちゃんとした焼き肉が食べられる店だ。

 以前にも紹介した喜福世にときどき行く。安価に焼き肉定食が食べられるからなのはもちろんだけど、肉を炭火で焼くという行為自体に癒やされる気がするのだ。気がするだけだけど。

f:id:bulldra:20160522072934j:plain

 牛カルビ、豚バラ、牛タン。 

f:id:bulldra:20160522072931j:plain

 ごはん大盛り無料。漬物とわかめスープ付き。

肉が焼けている音に癒やされる

f:id:bulldra:20160522072935j:plain

 気怠さを感じる昼下がりに炭火が焼かれいるパチパチとした音に耳を傾ける。豚バラの脂が落ちて火が強くなる。炎のゆらめきや匂いが加わった立体感をイメージするのはなんとなく脳に良い気がする。

ギルティフリー消費と昼からの焼き肉

 伊集院光が「茂木健一郎の話は脳漫談だよね」ってなことを言っていたのだけど、「むしろこれは、脳にいいんですよって」という繋ぎを期待している自分もいる。

 現代の消費傾向はある種の「罪悪感」から逃れられる事になることに価値を感じやすいという。健康であれ、社会貢献であれ、実際上の影響はわずかであっても、そういう感傷のようなものを得ること自体が行動原理のひとつになっている。昼からの焼き肉に罪悪感を覚える必要なんてないのに。

もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方

もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方