太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

iOSの新開発言語Swiftが発表されたり、アプリ間連携が強化されるのでiPhoneアプリ制作に手を出すことにした

photo by adamjackson1984

WWDC2014

 深夜から『【One more thingなかったね】WWDC 2014の内容はこちらでチェック : ギズモード・ジャパン』をやっていて、適当に確認していたら、『OS X Yosemite』や『iOS 8』が発表されたりがあった。目玉はデバイス間連携やアプリ間連携の強化かな。Macを使っている時にiPhoneを見るのは怠いので、よい機能だと思う。テザリングやファイル共有も簡単になるそう。

例えば、メールアプリだと、iPhoneで途中まで書いたメールを、Macで「続きを書く」クリックでそのままスムーズに続きを書くことができます。

Macで作業していたファイルを、iPadの共有アイコンクリックで、MacであけていたページからそのままiPadで開いて作業の続きができます。

(中略)

iPhoneに電話があっても、Macで着信できます。
Macでレストランのホームページを見ていても、Macからそのまま電話ができます。

【One more thingなかったね】WWDC 2014の内容はこちらでチェック : ギズモード・ジャパン【One more thingなかったね】WWDC 2014の内容はこちらでチェック : ギズモード・ジャパン

 あとはiOSの新開発言語Swiftの発表か。今からObjective Cを勉強するのが怠いなーって思うまま、iPhoneアプリ制作に手を出せていなかったので、心機一転するには良いのかもしれない。iBooksで提供されているガイドにあるサンプルプログラムをぱっとみた感じだとJavaScriptっぽい簡素さを取り入れてるようだ。

class NamedShape {
    var numberOfSides: Int = 0
    var name: String
    
    init(name: String) {
        self.name = name
    }
    
    func simpleDescription() -> String {
        return "A shape with \(numberOfSides) sides."
    }
}

The Swift Programming Language

The Swift Programming Language

  • Apple Inc.
  • プログラミング
  • 無料

 早速xcodeをダウンロードしてみる。こういう言語の出たての頃に話しながら開発して、バッドノウハウが溜まっていくのはそれ自体が結構楽しい。Java・JavaScript・Perl さえあればなんとかなるって感じになっていたのだけど、久々に新しい言語を勉強してみるかなと。ぶっちゃけ暫くはアプリ間連携を活用してかゆいところに手が届くようなアプリを出せば人気になる気もする。

Xcode

Xcode

  • Apple
  • 開発ツール
  • 無料

 自分で作ってみることで理解できる部分は大きい。複雑なカスタマイズやアプリの使い分けを考えるというユーザー側のスペシャリストになるという方向性も良いのだろうけど、そもそも自分で欲しい物を作ってしまえば楽になるという方向性もある。

 はてなブログについても無理にカスタマイズや組み合わせを考えるなら自分で作るわって感じで整備していったりもした。もちろん、それをするには時間が必要になるのだけど、それ自体が楽しいなら良いのかなとも思う。

UIKit&Swiftプログラミング 優れたiPhoneアプリ開発のための UI実装ガイド

UIKit&Swiftプログラミング 優れたiPhoneアプリ開発のための UI実装ガイド

関連記事