太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Chromeで新しいタブを開くごとにWikipediaをランダム表示

photo by Octavio Rojas

アイディアの種としてのランダムウィキペディア

 「ウィキペディア」はキーワードについて客観的に、簡潔に情報をまとめているのでとても重宝しています。エピソードのコーナーがあったり、番組名で検索するとオンエアされていた前後の番組まで表示してくれたりと、新たな知的冒険を始めたくなる要素もあって、私のお気に入りのサイトのひとつです。

 もし「ウィキペディア」のページをアトランダムに表示するソフトが開発されたら、自分のPCのホームページにしたいくらいです。

嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

 Chromeを使っている場合においてWikipediaのランダム表示を快適に使うためには以下の2つの要件を満たす必要があります。

  • Wikipediaの項目をランダム表示させる
  • 新しいタブを開く時の動作を変更する

Wikipediaのページをランダム表示させる

 Wikipediaのページをランダム表示させる事は「http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage」にアクセスすることで実現できます。Wikipediaには特別ページが設定されており、『Help:特別ページ - Wikipedia』に記載されているURLにアクセスする事で特別な情報を得る事が可能となります。

新しいタブを開く時の動作を変更する

 ランダム表示させるためのURLは分かりましたが、私は基本的にMacをスリープ運用しており、Chromeは常時起動していますし、再起動する時も「タブの復元」を利用しているため「ホームページ」にURLを設定しても殆ど利用されませんでした。

 またCTRL+Tでどんどん新しいタブを開いていくブラウジング方法が多いのですが、この場合も「新しいタブ」ページが開くため、この点でも「ホームページ」を利用する機会が非常に少ない状態です。

f:id:bulldra:20130119171059j:plain

 これを解消するためには新しいタブを開いた時の動作を変更する必要があります。やりかたを探してみたところ『New Tab Redirect - Chrome Web Store』というエクステンションで出来る事が分かりました。

 このエクステンションをインストールして、エクステンションの設定画面でリダイレクト先を「http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage」に設定することでCTRL+Tで新しいタブを開くごとにWikipediaのページがランダムに表示されるようになりました。

f:id:bulldra:20130119173440j:plain

まとめ

 Chromeに『New Tab Redirect - Chrome Web Store』をインストールして、リダイレクト先に「http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage」と設定する方法で新しいタブを開くごとにWikipediaのページをランダムに表示させる事ができるようになりました。単純なネタ探しや暇つぶしにも使えそうですが、文章を書く時のスパイスや、もしかしたらパズルのピースがぴったりはまるようなセレンディピティが起こったりするかもしれません。

 私の歴史は一定の範囲で「主体なし目的なしの過程」に委ねる事になるのですが、そこに有用である可能性が高い乱数装置を追加するのも一興かもしれません。本題からそれた項目を読み込んでしまうと残念な事になってしまうかもしれませんが。Evernoteをランダム表示してみるなどの応用もできそうです。普段の生活にもっと「ランダム」を取り入れる事を考えてみようと思います。

アイデアを脳に思いつかせる技術 (講談社+α新書)

アイデアを脳に思いつかせる技術 (講談社+α新書)

関連記事