太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

品川「やまや」がめ煮定食〜口の端が腫れるまで無限明太子丼を食べ続ける

f:id:bulldra:20150410133236j:plain

プリン体の呼び声

 やまやと言えば、ごはん・明太子・高菜の食べ放題がついたランチである。さくら水産の、ごはん・鶏卵・しば漬の食べ放題ランチのグレードアップ版と言えよう。

 生きていると、どうしても明太子が食べたくなる時がある。海洋生物の卵にはただでさえ悪魔的な旨味成分があるのに、塩気と辛みを加えてご飯が進まないわけがない。プリン体の呼び声に従って品川まで遠征。

f:id:bulldra:20150410133227j:plain

 オフィスビルの3階という、少し目立たない場所にあって、ちょっと迷った。

f:id:bulldra:20150410133230j:plain

 看板に期待が高まる。店の前には行列。

明太子を堪能するためには「がめ煮定食」がオススメ

f:id:bulldra:20150410135956j:plain

 定食には鶏唐揚げ(明太子風味)や豚生姜焼きなどがあるが、今回は明太子を食べに来たので「がめ煮定食」を選択。1000円。「がめ煮」とは、炒めた鶏肉と野菜を煮込んだ九州の北部地方の郷土料理で、他の地方では「筑前煮」という名前の方が馴染ある。

f:id:bulldra:20150410133238j:plain

 店が混んでいて相席になったキャリウーマン風の女性に少しだけ気兼ねしながらも、明太子と高菜をどーん! がめ煮を箸休めにしながらひとすら明太子丼を食べ続ける。

無限明太子

f:id:bulldra:20150410133240j:plain

 柚子の風味と妥協しない辛さとタラコの旨味。博多の明太子は柚子の風味がするという豆知識は、コンパイルの通販で知った。当時は『ぷよぷよ』のスケトウダラというキャラクターのグッズとして本格的な明太子を通信販売していたのだ。明太子が入っているツボを空にしてもすぐに代わりを持ってきてくれる。無限明太子。

f:id:bulldra:20150410133242j:plain

 おかわりの明太子は解凍が不十分で少しシャリシャリしていた。これはこれでシャーベット風。ご飯もおかわり自由だけど、自分のお腹的に1膳分のおかわりが限度だったので明太子 on 明太子をし始める。幸せすぎたけど、口の端が腫れてしまった。じぶんがタラコ唇になったら世話ない。

関連記事